Sponsored Contents

Artの最新記事

Image credit:
Save

Netflix『聖闘士星矢』日本版予告映像が公開。チンピラや戦闘ヘリと戦う聖闘士に原作ファン騒然

最初のテレビアニメも序盤はカオスでしたし

Kiyoshi Tane
2019年7月10日, 午後06:40 in Art
199シェア
0
199
0
0

連載

注目記事


Netflix

Netflixがオリジナル3DCGアニメ『聖闘士星矢:Knights of the Zodiac』の日本版予告映像を公開しました。原作の誕生から30年以上もの歴史ある流れのなかで、おなじみ星矢や紫龍、氷河や瞬らの新たな物語を切り取った一幕に、ファンの間では複雑な感情の渦が巻き起こっているようです。


『聖闘士星矢』は1985年12月から『週刊少年ジャンプ』にて連載を開始した人気マンガ。この世に邪悪がはびこるとき、必ずや現れるという希望の闘士・聖闘士(セイント)。彼らは天空に輝く88の星座に対して存在する聖衣(クロス)を纏い神話の時代より女神アテナに仕えてきた...ということで「ふしぎな鎧をまとった美形の戦士達が共闘する」フォーマットの走りでもあります。

実は本映像の公開に先だって、2018年12月に英語版のオフィシャルトレーラーが公開済み。その当時は3DCGのクォリテイに対する賛否よりも、主要キャラクターの一人・アンドロメダ瞬の性別が女性に変えられたことに対して原作ファンが激怒する事態に。もともと原作には「聖闘士は男性しかなることができない」という設定があり、そこから生まれた数々の葛藤や名場面があったためです。

日本向けの予告映像では、昨年末のバージョンにはなかった冒頭のカットが追加されています。ところが、原作では3年もの地獄の特訓を受けてから力に目覚めたはずの星矢が、どういうわけかすでに素人時代からチンピラを謎の力でふっ飛ばす強さを備えています。

聖衣を身にまとってからも砂漠で戦闘ヘリや特殊部隊の兵士たちと交戦しており、どうやら原作とも既存のアニメ版とも異なる設定になっているようです。最大限に好意的に解釈すれば、テレビアニメ版の鋼鉄聖闘士(味方でしたが)的なメカ要素を補充しているのかもしれません。


本映像を告知したNetflix Japan Animeの公式ツイートにも、喜び...でないほうの感情が沸騰した星矢ファンのレスポンスが大賑わい。ただ、じつはかつて最初のテレビアニメシリーズでも、序盤は原作版と聖衣のデザインが大きく違っていたり、原作のストックが足りないために(連載開始から1年未満でアニメ化)水増し感の強いオリジナル話数をはさんだりと迷走していたことがありました。ただこのときはストーリーが進行するにつれて、次第にファンの信頼を獲得するに至っています。

全話を制作してから一気に配信するNetflixでは「ファンの声を聴いてから路線変更」はあり得ないことですが、シリーズをいくつか重ねてゆけば、いずれ視聴者の支持も得ていくのかもしれません。

Netflix版『聖闘士星矢: Knights of the Zodiac』は7月19日から、パート1(全6話)が全世界一挙独占配信開始とのこと。昨年末に海外で予告が公開された当時は「英語、ポルトガル語、スペイン語のトレーラーは、YouTubeで非常に嫌われている」との声もありましたが、国境を越えて星矢ファン同士の小宇宙(コスモ)を1つにして燃やせる機会とポジティブに捉えたいところです。




夏だ!フリマだ!エンガジェ祭だ! 8月10日、11日無料イベントを開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

199シェア
0
199
0
0

Sponsored Contents