Sponsored Contents

AppleRumorの最新記事

Image credit:
Save

新世代AirPods、ベトナムで試験生産?中国リスク減らす動きか(日経報道)

アップルの生産拠点を中国にしたのもクックCEOでした

Kiyoshi Tane
2019年7月19日, 午前07:00 in AppleRumor
39シェア
5
34
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View

アップルが大手サプライヤーに中国からの生産シフトを検討するよう指示していると見られるなか、完全ワイヤレスイヤホンAirPodsの試験生産がベトナム工場で開始されるとの噂が報じられています。

Nikkei Asian Reviewの2つの情報源によれば、中国Goertekはベトナム北部のオーディオ工場で最新世代AirPodsの試験生産を開始するとのことです。

同メディアは、アップルは部品供給メーカーに、当初は(部品が)ごく少量であってもGoerTekの試験生産を助けるように求めているとも伝えています。要はアップルの筋書に沿った動きということです。

ベトナムでの試験生産は、その後に正式な量産にシフトするのが通例とのこと。今年6月にも、アップルは自ら主要サプライヤーに生産能力の15〜30%を中国から東南アジアに移す可能性を検討するよう求めたと報じられており、要請を受けたとされる企業の中にはGoerTekも含まれていました。

さらに同報道では、アップルは中国の製造業に大きく依存するリスク(少子化による労働力不足や人件費の高騰など)が高すぎると判断しており、もし米中貿易摩擦が解消しても逆戻りする見込みはないとも伝えられていました。

アップルは有線イヤホンをベトナムから調達してきましたが、AirPodsが中国以外で生産されるのは今回が初めてのこと。AirPodsは最も成長がめざましい製品の1つで、2017年の出荷台数は2000万台だったのに対して、翌2018年には3500万台と急増。そうした重要製品だけに、真っ先に中国リスクを低くする目論見も推測されます。

もう1つ注目したいポイントは、試験生産されるのが「新世代のAirPods」という点でしょう。

今年3月に第2世代AirPodsが発売された後も、4月には有名アナリストMing-Chi Kuo氏が2019年第4四半期〜2020年第1四半期にかけて2つの新型が量産に入る見込みと予測。そして先週も米証券会社Wedbushが防水仕様の第3世代が今年末に発売されるとの見通しを発表していました

そもそもアップルのサプライチェーン管理を確立し、中国を主要な生産拠点とする体制を築き上げたのは、CEOに就任する以前のティム・クック氏でした。それにより莫大な利益をもたらしたクックCEOが、再び重大な決断を下そうとしているのかもしれません。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

39シェア
5
34
0

Sponsored Contents