Sponsored Contents

nianticの最新記事

Image credit:
Save

ポケモンGO、ミズゴロウ大量発生は7月21日16時から。みず最強格の限定技ラグラージを狙う「コミュニティ・デイ」イベント

上はカイオーガだけ

Ittousai, @Ittousai_ej
2019年7月21日, 午前08:01 in Niantic
49シェア
8
41,"likes":12
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View

(ミズゴロウの進化形ヌマクロー。カワイイとカッコイイの谷間に佇む虚無)

ポケモンGOの月例イベント「コミュニティ・デイ」、7月はみずタイプの「ミズゴロウ」が大量発生します。開催は2019年7月21日(日)16時から19時まで。

ミズゴロウはある意味で人気者の中間形態ヌマクロー(画像)を経て、強力なポケモン「ラグラージ」に進化します。ラグラージはイベント開始から20時までに進化させることで、強力な限定わざ「ハイドロカノン」を特別に習得可能です。

ハイドロカノンを得たラグラージは、上には伝説のポケモン「カイオーガ」しかいない最強クラスのみずタイプになるため、育成に必要なアメ集めも兼ねて見逃せないコミュニティ・デイとなっています。

2019年7月「ミズゴロウ」コミュニティ・デイ概要

日時
・2019年7月21日(日) 16時〜19時

大量発生するポケモン
・ミズゴロウ

ボーナス
・ポケモン捕獲時のXP3倍
・ルアーモジュールの持続時間が3時間に延長
・終了後1時間以内(20時まで)に進化させたラグラージは、特別に「ハイドロカノン」を習得


ミズゴロウは2002年の『ポケットモンスター ルビー・サファイア』(ゲームボーイアドバンス)で初登場したポケモン。最初に選べる三体、いわゆる「御三家」のうちみず担当でした。


ヌマクローを経て進化するラグラージは「みず・じめん」複合タイプの強力なポケモン。コミュニティ・デイ限定のハイドロカノンを覚えることで、みずタイプのわざで攻撃するポケモンとしては、伝説のポケモン「カイオーガ」に次ぐ強さになります。

タイプ的に「くさ」が二重弱点になってしまうため防衛には向きませんが、進化と育成のためのアメをコミュニティ・デイで一気に集められるのもラグラージの強み。

最大限に強化したカイオーガがパーティーを組めるほど揃ってでもいない限り、参加する価値があるイベントです。

アップデートでツール不要のかんたん厳選も



従来のコミュニティ・デイでは、大量に捕獲した同じ種族のポケモンからどの個体を選んで進化・育成するか、博士に送るかを決めるのも一苦労でした。進化で特別なわざを覚えるのが(大量発生の)終了後1時間なのも、この選別に手間がかかることを反映しています。

しかし今回は、ポケモンGOアプリのアップデートで「ポケモンを調べてもらう」機能が刷新されてから初のコミュニティ・デイ。「調べてもらう」が何段階かの台詞から読み取る形式ではなく、三ツ星評価と項目別グラフで直接、ひと目で分かるようになったほか、そのまま左右にスワイプして次々に確認できるようになりました。

さらにポケモンボックスの検索機能もアップデートしたため、検索式ひとつで一定の能力値以下・以上の個体を絞り込んで、楽に博士に遅れるようになっています。

たとえば「ミズゴロウ / ヌマクロー / ラグラージのいずれかで、かつ能力値の総合評価(個体値)が約80%以下のもの」だけを表示する場合、ポケモンボックスの検索欄に

+ミズゴロウ&0*,1*,2*

と入れるだけ。1*や2*など「数字*(半角アステリスク)」は、いわゆる個体値の総合評価である三つ星に対応しています。「,(半角コンマ)」は「または」、「&(半角アンパサンド)」は「かつ」の意味。

従来のリーダーの台詞でいえば、3*以上が最高評価です(「驚異的で、芸術的だ」等)。
4*は攻撃・防御・HPともに満点の、いわゆる個体値100%を意味します。

新しい「調べてもらう」機能とポケモンの能力値の意味について、検索の使い方についてはこちらの記事にまとめています。

ポケモンGO「調べてもらう」更新、個体値100%リストも一瞬(検索の使い方・かんたん厳選のやり方ガイド)

ポケモンGOは従来のポケモンゲームよりも広い層が遊んでいるため、これまで「個体値」という言葉を聞いたこともない、気にしたこともないかた、あるいは「個体値はパーセントで表す数字でとにかく高いほうが良いらしい、ツールで分かるらしい」と覚えたかた、あるいは対人戦のため最強かつ制限CP以下を狙い厳密な計算式を調べる層などなどさまざまなプレーヤーがいます。

ポケモンGOにおけるいわゆる個体値については、バトルにおけるポケモンの能力は種族と育成とわざの選別でほとんどが決まるため、レイドやジム戦での実用性に限っていえば、他の条件を揃えた理論値でも、個体値100%のパーフェクトポケモンと、まったく選別しない個体との差はせいぜい数%程度。

またパーセントで表す個体値は、あくまで便宜的に実際の能力値を合計して表した数字のため、三ツ星評価で星1やゼロでも、バトルやCP値決定においてもっとも重要な攻撃の数値は最高という場合もあります。

能力的には差がない色違い集めと同じように、実戦で差がつくかとは別に個体値が高いほどうれしい、パーフェクト集めに拘るのも自由の遊び方のひとつではありますが、仮にパーフェクト個体が捕獲できなくても、あるいは三ツ星評価が低くても、一般的なプレーヤーが遊ぶうえでは特に気にすることはありません。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: niantic, Pokemon, pokemon go, pokemongo
49シェア
8
41,"likes":12
0

Sponsored Contents