Sponsored Contents

avの最新記事

Image credit:
Save

サムスンジャパン、AKG製品の販売開始。Galaxy HarajukuやAmazonで取り扱い

2017年にSamsung傘下となっていました

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年7月29日, 午後06:30 in av
50シェア
8
42
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View

サムスン電子ジャパンは7月29日、世界的なオーディオブランド「AKG」製品をGalaxy Harajuku、およびAmazon内のGalaxy Brand Storeで販売開始すると発表しました。

AKGは、harman/kardonやJBLをはじめ、多数のオーディオブランドを抱えるハーマンインターナショナル傘下のオーディオブランド。そのハーマンインターナショナルは、2017年にSamsungに買収され、Samsung傘下となっていました。


これまでも、Galaxy端末に付属のイヤホンはAKGブランドであったり、完全ワイヤレスイヤホンGalaxy BudsのチューニングをAKGが行うなど協力関係にありました。ちなみにAKGはSamsungだけではなく、他社スマートフォンのチューニングにも協力しています。

そのAKG製品をサムスン電子ジャパンが扱うことになったわけですが、第1弾として、下記のヘッドホン、イヤホン6製品がラインナップされています。
  • AKG Y500 WIRELESS Bluetoothヘッドホン(ブラック、ブルー、グリーン、ピンク 4色展開)
  • AKG Y100 WIRELESS Bluetoothイヤホン(ブラック、ブルー、グリーン、ピンク 4色展開)
  • AKG N200 WIRELESS Bluetoothイヤホン
  • AKG N60NCBT Bluetoothノイズキャンセリングヘッドホン
  • AKG N40 カナルイヤホン
  • AKG N5005 5ドライバー4ウェイカナルイヤホン

ハーマンインターナショナルとは、オーディオ機器と始めとしたさまざまな分野で連携を図るとしており、今後、AKG以外のブランドを取り扱う可能性もありそうです。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

50シェア
8
42
0

Sponsored Contents