Sponsored Contents

laptopの最新記事

Image credit:
Save

サムスンの「Galaxy Book S(仮)」はスナドラ855搭載のWindows 10ラップトップに?

順当にスペックアップ

塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2019年7月29日, 午後05:00 in laptop
23シェア
0
23
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View


韓国サムスンの次期ラップトップ「Galaxy Book S(仮称)」のスペック情報とされるデータが、海外サイトにて報告されています。

海外テックサイトの91mobilesが伝える今回の情報は、Bluetooth SIGの認証やベンチマークアプリのGeekbenchの情報から判明したものです。なお、Galaxy Bookシリーズはタブレットとしても使える2-in-1タイプのWindowsラップトップです。

まずGeekbenchの登録情報によると、Galaxy Book SはOSにWindows 10を採用。プロセッサは2.84GHz駆動のクアッドコアプロセッサで、こちらはSnapdragon 855だと推測されます。またRAM容量は8GBと、前モデルの「Galaxy Book 2」から順当にスペックアップしています。

またBluetooth SIGには、Galaxy Book Sは「SM-W767」というモデルナンバーで登録されています。こちらから読み取れる情報は少ないのですが、Bluetooth 5.0での通信に対応しているようです。

なお、Snapdragon 850を搭載したGalaxy Book 2では、最大20時間のバッテリー駆動がうたわれています。現時点ではスペック情報は伝えられていませんが、Snapdragon 855を搭載したGalaxy Book Sでも、従来型のラップトップを超える長時間駆動を期待したいところです。



「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

23シェア
0
23
0
0

Sponsored Contents