Sponsored Contents

AVの最新記事

Image credit:
Save

だまし絵風パズルの新作『Monument Valley 3』開発スタート。新ディレクター募集中

楽しみがまたひとつ

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2019年8月1日, 午後12:00 in AV
115シェア
14
101,"likes":72
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View

英国のゲームデベロッパーUstwoが、エッシャーの騙し絵風3Dパズルゲーム『Monument Valley 3』の開発開始をアナウンスしました。現在はまだプロジェクトがスタートしたばかりの段階ですが、独特のデザインや世界観で人気を得たシリーズの新作に期待は高まります。

『Monument Valley』シリーズのリードデザイナーだったKen Wong氏はすでにUstwoから独立していること、さらにMonument Valley 3の他にも2つのゲームの企画を進行中であるため、Ustwoは、これらのゲームのために「クリエイティブなビジョンを導く」新たなディレクターを募集していることもあわせて告知しました。Monument Valley 3に関しては「新ディレクターが独自の視点やアイデアを持ち込みつつ、過去2作の要素も保ちながらも世界を探検する自由をファンに提供したい」とUstwo広報は述べています。

いまから5年前にリリースされた『Monument Valley』は2Dと3Dの要素が巧妙に絡み合うシュールかつカラフルな世界、難しすぎないゲーム性でプレイヤーを魅了しました。その後追加ストーリーを経て2017年には『Monument Valley 2』がリリース、新要素もたくさん含まれた2作目もまた待ちわびたファンの期待に応える作品でした。

これまでの人気ぶりを考えれば過去作のファンは当然のように3作目も手にするはず。また新たなファンの獲得も期待できそうです。


なお、Ustwoはインディーズゲームメーカーながら、Monument Valley以外のゲームの開発も手がけており、大きなプロジェクトとしてはサムスンのGear VR向けに『Lands End』を製作したり、Apple Arcade向けの『Repair』も開発しています。

また、Monument Valleyに関しては、映画化の話も進行しているはず。こちらもどうなるのかが気になるところです。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

115シェア
14
101,"likes":72
0

Sponsored Contents