Sponsored Contents

Gamingの最新記事

Image credit:
Save

Nintendo Switch用のスーファミコントローラーがFCCに登録?来年遊び放題サービス開始か

N64もお願いします

Kiyoshi Tane
2019年8月14日, 午前11:50 in Gaming
175シェア
0
175
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View

Nintendo

Nintendo Switchの魅力は最新ゲームのほか、任天堂の過去ハードに関連あるソフト資産が楽しめる可能性が高いことです。そうした期待のなか、新たに同社がSNES(海外版スーパーファミコン)のそれを思わせるワイヤレスコントローラーを連邦通信委員会(FCC)に登録したことが明らかとなりました。

ゲームフォーラムReseteraが発見したFCC登録では、スーファミ用コントローラーの復刻と思しき機器のイメージが確認できます。文書によれば、この新たなデバイスは来年まで機密扱いとのこと。上部にある左右のわずかな出っ張りは、LRボタンかJoy-ConにもあるSwitch本体とのドッキングレールを想起させます。

任天堂は昨年、有料オンラインサービス「Nintendo Switch Online」内でのファミコンゲーム遊び放題サービス開始に伴い「ファミリーコンピュータ コントローラー」を発売した経緯があります。つまりスーファミコントローラーに似たデバイスのFCC登録からは、同じくスーファミゲーム遊び放題が将来的にSwitch Online内で提供される可能性が高いと推測されるわけです。

ほかFCC文書から得られる情報は、このコントローラーがSwitchにワイヤレス接続できるBluetoothサポートがあること、525mAhの内蔵バッテリー、およびUSBポートを備えていること。それ以外の情報は含まれていません。

サードパーティが個別にタイトルを復刻することはあるものの、任天堂が開発した過去ゲームは任天堂ハードでしか遊べないため、レトロゲームファンは同社の対応を待つしかありません。NINTENDO64ミニは当面発売されないとの公式発言もありましたが、そちらもSwitch Online内でのサービス開始を望みたいところです。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

175シェア
0
175
0
0

Sponsored Contents