Sponsored Contents

mobileの最新記事

Image credit:
Save

シャオミの三つ折りスマートフォン、背面ヒンジはこんな感じに?

観音開き

塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2019年8月24日, 午前08:00 in mobile
19シェア
4
15
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
中国シャオミが三つ折りスマートフォンに関する特許を出願していたことが、海外報道により判明しました。

海外テックサイトの91mobilesが掲載した特許イラストからは、横長の画面と背面に2個のヒンジを備えた端末が確認できます。また、背面にはトリプルカメラの搭載が想定されているようです。

そしてシャオミが公開した動画を参考にすれば、この端末はヒンジ部分から画面が外側を向くようにして、観音開きのように展開することができます。実際にスマートフォンを折りたたむ様子は、こちらの記事の動画をご参照ください。

このような外折りスマートフォンは、すでに中国ファーウェイから「Mate X」が発表されています。Mate Xはヒンジが一箇所の二つ折りタイプで、この方が可動部が少ないことから開発は(三つ折りよりも)容易だと思われます。見た目のインパクトという意味ではシャオミのアイディアも悪くありません。

また、韓国サムスンも折りたたみスマートフォン「Galaxy Fold」を発表しており、これ以上スケジュールの延期がなければ9月に発売されるはずです。いずれにせよ、ポケットサイズで大画面が実現できる折りたたみスマートフォンがどれだけ実用的なのか、ギークとしてはぜひとも検証してみたいところです。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: 91mobiles
関連キーワード: mobile, patent, smartphone, xiaomi
19シェア
4
15
0

Sponsored Contents