Sponsored Contents

auの最新記事

Image credit:
Save

au、横浜ベイスターズと「スマートスタジアム」構築に向け契約

スタジアムのキャッシュレス化も

石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2019年8月27日, 午前11:00 in au
83シェア
29
54
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View

携帯電話サービス「au」を運営するKDDIは、プロ野球の横浜DeNAベイスターズとパートナーシップ契約を締結しました。同契約に基づき、横浜スタジアムに「スマートスタジアム」を構築するとしています。

スマートスタジアムは、5GやIoT、XR(AR/VR/MR)といった新しい技術を取り入れたスタジアムを表す概念。こうした新技術に詳しいKDDIが、横浜スタジアムのスマート化に協力します。あわせて、野球のシーズンオフ期間でも楽しめるようなスタジアムならではのエンターテイメント体験の提供も共同で検討するとしています。

KDDIのスマートスタジアム化への協力は、2020年春以降に実施されます。同じ時期にはauで次世代モバイル通信5Gのサービスも開始される予定です。

□政府主導の実証研究で"プレスマート化"

KDDIは、内閣府の「戦略的イノベーション創造プログラム」において、ビッグデータ・AIを活用した新技術の実証研究プロジェクトを受託しています。その一環として、横浜DeNAベイスターズと協力し、横浜スタジアムで3つの取り組みを行います。

1つがデジタルサイネージの設置で、野球の試合開催日に、その日のお得な情報をリアルタイムで配信します。2つ目は「ARスタンプラリー」。デジタルサイネージにスマホをかざしてスタンプを集める企画で、すべてのスポットを訪問したヒトから抽選でサインボールがプレゼントされます。ARスタンプラリーの開催期間は9月18日〜21日のうち、プロ野球開催日となっています。

KDDI
KDDI

3つ目は「au PAY」のQRコード決済の導入。9月3日から9月末まで、横浜スタジアムの立ち売り販売員と場内店舗がau PAYや電子マネー、クレジットカードに対応します。あわせて、スタジアム周辺のau PAY加盟店ではキャンペーンを実施予定です。


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: 5G, au, au Pay, cashless, DeNA, KDDI, Sports, Stadium, YokohamaBaystars
83シェア
29
54
0

Sponsored Contents