Sponsored Contents

internetの最新記事

Image credit:
Save

Netflix、50億枚目のディスクを出荷

光学ディスクは終わらない

109シェア
26
83
0

連載

注目記事

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View


Netflixといえばビデオストリーミングサービスでおなじみですが、もともとはWebサイトによる郵送でのDVDレンタルサービスにより事業を拡大した会社。そしてこの度、同社が50億枚目のディスクを配送したことが発表されました。なお、記念すべきレンタルタイトルは『ロケットマン』でした。
サービス開始から21年が経過した今でも、Netflixはディスクの配送レンタルサービスを続けています。ただしその規模は2011年の1400万人から2019年第2四半期には240万人に購読者が減少するなど、大きく縮小しているのも事実です。一方、Netflixはこのサービスから2019年の四半期にて4600万ドル(約49億円)の利益を上げており、決して悪い商売ではありません。

なお、次のマイルストーンとなる60億枚までには、購読者が毎月レンタルしたとしても35年近くかかるそうです。つまり、その実現は非常に厳しいものといえるでしょう。それでも、光学ディスクをベースとしたビジネスがまだ生きていることは、なかなか興味深いものです。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Via: Variety
関連キーワード: internet, media, netflix, optical drive
109シェア
26
83
0

Sponsored Contents