Sponsored Contents

appの最新記事

Image credit:
Save

PayPay、不正利用時の補償制度を導入

これまでは「PayPay側に故意・重過失がある場合のみ補償」でした

石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2019年8月28日, 午後04:08 in App
103シェア
21
82
0

連載

注目記事

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View

ソフトバンク系のスマホ決済サービス「PayPay」は、8月28日より、不正利用時の被害を補償する制度を定めた新たな利用規約を導入します。

PayPayのこれまでの利用規約では、「当社(PayPay)に故意または重過失がない限り、当社は一切その責任を負わない」と定められており、補償制度への適用が限定されていました。

今回の規約改定により、不正利用時は原則として被害額の全額を補償する内容となり、不正被害を申し出れば適用される形となりました。

また、PayPayユーザーではない人が、口座情報を盗まれて勝手にPayPayアカウントを開設し、不正利用されたケースについても、PayPay側が被害を補償すると明記されました。

なお、不正利用の被害にあった本人に故意や重過失が認められる場合、近親者が不正利用した場合などは、補償の対象外となります。

補償の内容を総合すると、クレジットカードなどの従来型の決済サービスと同等水準の補償制度となったと言えます。

スマホ決済サービスを巡っては、PayPayが2018年12月のキャンペーン時に不正利用被害を発生させた件があるほか、2019年6月には7payが集中的に不正利用され、わずか4日でサービスを終了する事態となっています。

その際、スマホ決済各社の補償規定の内容に差があることが注目されていました。PayPayでも今回の補償規定の導入について、「アンケートにより、不正利用発生時の補償対応へのニーズが高いことがわかった」ため導入を決めたと説明しています。



「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: app, cashless, fintech, mobile, PayPay, smartphone
103シェア
21
82
0

Sponsored Contents