Sponsored Contents

camerasの最新記事

Image credit:
Save

Insta360 GOは「競合より安く小さく、用途の多いものを目指した」創業者JKインタビュー

オチがついたインタビューになりました

砂流恵介(Keisuke Sunagare), @nagare0313
2019年8月29日, 午後01:30 in cameras
50シェア
8
42
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View

8月28日に親指サイズの超小型カメラ「Insta360 GO」を正式発表したInsta360。Insta360 GOは、親指に隠れるサイズの大きさと18.3gという軽量ながら、手ブレ補正、防水対応、タイムラプス、スローモーション、AI編集など様々な機能に対応したアクションカメラ要素の強い端末です。価格は2万3800円。すでに予約受付を開始しています。

Engadget超小型カメラInsta360 GO予約開始。強力手ブレ補正やAI編集対応で2万円台

Engadget編集部では、Insta360の創業者 刘靖康 (Liu Jingkang)氏、通称JKにInsta360 GOに関する一問一答形式のインタビューを行いました。

競合より安く小さく、用途の多いものを目指した

ーー Insta360 GOの開発経緯を教えてください

この製品を企画しはじめたのは2018年です。当時、弊社の手ブレ補正技術「FlowState」を搭載した360度カメラ「Insta360 ONE」シリーズを発売しており、「Insta360 ONE」シリーズをアクションカメラ市場に対しても売り込んでいました。

アクションカメラとして「Insta360 ONE」シリーズを見た場合、ユーザーとなるのはアクションカメラを普段使っている、使ったことがある方です。そこで、アクションカメラを使ったことがない方、カメラはスマホのカメラしか使わないような一般的な方に向けた製品を企画したいと思ったのがきっかけです。

新しく製品を作るのであれば「競合より安く小さく、用途の多いもの」を目指そうと思いました。

ーー Insta360 GOはどんなシチュエーションで使われることを想定されていますか

旅行やスポーツです。スポーツに関しては、これまでのアクションカメラが得意とするエクストリームスポーツをはじめ、バスケやサッカーのような複数人でプレイするスポーツでの使用も想定しています。また、ジョギングや、登山などにもぴったりです。

ほかにも、軽くて小さい特性を活用して、例えば、包丁や箸につけたり、スーパーのカートのとってにつけて買い物をしている様子を撮影したり、といった使い方も面白いと思います。

付属のアクセサリーも充実していますし、タイムラプスなど撮影モードも豊富に用意しているので、色々組み合わせて色々な動画を撮って欲しいですね。

AI編集機能は全てのInsta360シリーズに展開予定


ーー Insta360 GOは、アプリの「AI編集」も目玉機能だと思います。AIをどのように活用しているのでしょうか

動画編集と画像認識です。画像認識に関しては、現時点で人間の喜怒哀楽や年齢、性別、オブジェクトの認識に対応しています。例えば、飛行機やパスポート、海などを認識しているので、テンプレートを旅行で選んだ場合、動画の始まりを飛行機、中盤で海で遊んでいる様子、ラストをホテルで締めくくる、といった内容を提案します。

AIがおすすめした動画や写真を組み合わせて動画を作ってもいいですし、気に入らなかったり順番を変えたいと思ったら、ほかの動画を選び直すことも簡単です。

ーー 好きな音楽にあわせて動画を自動編集する、といったことも可能でしょうか

現時点では、旅行などの用意してあるテンプレートや音楽を選んでの自動編集です。テンプレートは、旅行、海、街の景色、自然風景などにあったものを用意していますが、今後日常的なものを追加していきます。音楽は、POPなものやゆったりめなものを用意しており、こちらも今後追加予定です。

テンプレートではないですが、AI学習も随時行っています。例えば、子どもが転んだ、みたいなことも学習させていきたいですし、コンビニに行くときに商品を取る瞬間を学習させて、全ての動画の中からその瞬間を抜き出したり、バスケでシュートを打つところを学習させてゴール集を作る、といったことも実現したいです。

ーー AI編集は360度カメラ「Insta360 ONE」シリーズなどにも搭載されますか



現時点ではInsta 360 GOのみですが、すべての製品でAI編集が使えるように開発を進めています。というのも、元々この機能はInsta360 ONEに搭載するつもりで開発していたんです。ただ、360度カメラに関しては、360度の中からアングルを選択しないといけないことと、レンズが2つあることで計算が複雑なため、もう少し時間がかかります。

ーー JKさんといえば、大学生時代はハッカーとして学内やネットを騒がせたエピソードなどいたずら心溢れる側面もあると思います。Insta360 GOやアプリにもいたずら心を感じさせる機能などはありますか?

(日本語で)「もう大人になりました(笑)」


(編集部より:JKことLiu氏は、2年前にインタビューをしたときと変わらず物腰柔らかにインタビューに答えてくれました。Insta360 GO発売前のインタビューということもあり、製品について深く聞けないむず痒さもあったので、また来日したときに製品や技術についてより深いインタビューができればと思います。

別途、Insta360 GOの標準撮影が15秒、30秒しかない理由を質問したところ「主な要因は発熱のため。マザーボードを防水仕様にしているため、通常より発熱しやすいです」と回答をもらいました。その後、アプリのアップデートで60秒まで伸びることとなります。

Insta360の魅力のひとつがこのアップデートの速さです。AI編集もInsta360の全てのシリーズで展開すると発言していますし、360度カメラも使い方の幅が広がりそうです。

次はどんなことでワクワクさせてくれるのか楽しみです。)



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

50シェア
8
42
0

Sponsored Contents