Sponsored Contents

Xperia 1の最新記事

Image credit:
Save

Xperia 1はSIMピンが要らない

SIMピンを忘れて気付く、ありがたみ

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2019年9月1日, 午前07:00 in Xperia 1
49シェア
7
42
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View


つい先日のことですが、とある取材先での通信環境が悪く、スマホで撮影した写真をmicroSDカード経由でPCに取り込む必要がありました。普段はクラウドを経由して写真や文章ファイルを管理していますが、クラウドへのファイルアップロードやダウンロードは必ずと言っていいほど、通信環境に左右されます。

筆者の所有しているのはiPhone XS Max、Galaxy Note9、Xperia 1など、他にも自宅に眠っている端末もありますが、外に持ち出すのは比較的ハイエンドの機種が多いです。


SIM Xperia▲SIMピンが必要なGalaxy Note9

「クラウドがダメならmicroSDカード経由で移すか......」という結論に至りましたが、実はその通信環境が悪い現場ではGalaxy Note9のみを持参していたため、SIMピンを近くの家電量販店まで買いに行きました。

SIMピンはAmazonなどのオンラインストアであれば90〜100円程度でも単体販売されていますが、その日に行った家電量販店には残念なことに1個300円のものしか販売されていませんでした。

SIM Xperia
▲Xperia 1のSIMトレイ。microSDカードが1枚のトレイに収納されている

このように、iPhoneやGalaxyはほとんどの機種がSIMピンを必要とします。特にGalaxy Note9とXperia 1はSIMカードとmicroSDカードが1枚のトレイに収納されているため、仮にどちらか片方のみを取り出す場合も、結局トレイを引っ張りだす必要があります。

SIM Xperia▲Xperia 1はSIMピンが不要な為、くぼみに爪を引っ掛けてトレイを引き出す

一方、Xperia 1はSIMピンを所有していなくてもトレイを引き出せるのです。ただし、爪を引っ掛けるくぼみが浅く、爪が短いと逆にトレイを引き出しづらく感じるかもしれません。

その時「取材カメラはXperia 1にしよう」と決心しました。



「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

49シェア
7
42
0

Sponsored Contents