Sponsored Contents

Samsungの最新記事

Image credit:
Save

Galaxy FoldとGalaxy A90で5G市場のリーダーを目指すサムスン:山根博士のスマホよもやま話

4つの5Gスマホで技術力をアピール

山根博士 (Yasuhiro Yamane), @hkyamane
2019年9月9日, 午後12:00 in Samsung
15シェア
4
11
0

連載

注目記事

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View



IFA2019開幕の前日である9月5日にサムスンはプレスカンファレンスを行い、スマートフォン新製品を含む5G戦略を発表しました。4月の発売を直前に取りやめた「Galaxy Fold」は9月6日から韓国で、18日からはイギリスなどで販売開始することをアナウンス。Galaxy Foldには5G対応版も登場します。

SAM5GL

またGalaxy Aシリーズ初の5G対応モデル「Galaxy A90 5G」も発表になりました。Galaxy Aシリーズの最上位モデルで、これで同シリーズは「Galaxy A10」から10番刻みにA20、A30、A40、A50、A60、A70、A80、A90と9モデルすべてが出そろいました(他に派生モデルあり)。

SAM5GL

Galaxy A90 5Gの主なスペックはSnapdragon 855、メモリ6GB or 8GB、ストレージ128GB、6.7型2400x1080ドットディスプレイ、メインカメラ4800万画素+800万画素+500万画素、フロントカメラ3200万画素、4500mAhバッテリー、ディスプレイ埋め込み型指紋認証センサーなど。CPUはハイエンドクラスの製品を搭載しますが、ターゲットはカメラを通したコミュニケーションを好む「ライブ世代」の若い層です。

Galaxy A90 5Gはトリプルカメラ性能こそGalaxy S10シリーズやGalaxy Note10シリーズに劣りますが、フロントカメラの画素数は逆に両フラッグシップ製品を大きく上回っています。「メインカメラは必要十分、フロントカメラは高画質、そしてフラッグシップモデルよりも価格は控えめ」。この性能バランスの仕上げ方がGalaxy Aシリーズの特徴なのです。

SAM5GL

5Gはまだ一部の国でしか始まっておらず、対応端末の数はまだあまり多くありません。しかし5Gユーザーを拡大するために5G端末の数を増やしてほしいとキャリア側は考えています。ドイツのキャリア、ドイツテレコムはIFA2019に合わせて5Gサービスを開始しましたが、提供予定のスマートフォンの種類は6機種程度にとどまっています。より多くの5Gスマートフォンがあれば4Gユーザーの移行を促せますが、開発費がかかりサービス国もまだ少ない現状では、スマートフォンメーカーにとって5G端末の多数展開は難しいところです。

SAM5GL

とはいえあと1年もすれば5Gスマートフォンはどのメーカーも手掛ける普通の製品になっているでしょう。中国メーカーは中国の5Gが2020年に本格的に始まるため、各社が複数モデルを展開することも当たり前になっているはずです。現時点でスマートフォンの販売シェア1位のサムスンですが、中国メーカーの追い上げは年々厳しくなっています。今のスマートフォンはもはや機能面での差別化が難しくなっているだけに、技術力そしてブランド力で優位に立つためには5Gへの対応を急ぐ必要があります。


SAM5GL

8月にニューヨークで発表された「Galaxy Note10+ 5G」、2月発表の「Galaxy S10 5G」と合わせ、サムスンは4機種の5Gモデルを揃えてこの秋冬商戦に挑みます。5Gサービスが開始されていない国ではこれらの製品は販売されないものの、他国の5Gの話題が上がるたびに5Gスマートフォンの代表メーカーとしてサムスンの名前が挙げられることでしょう。

世界中の話題をさらうほど話題のGalaxy Fold 5G、800ユーロを切る5G端末としては現時点で安価なGalaxy A90 5G、特大画面にペン操作できるGalaxy Note10+ 5G、カメラ性能に優れ各国の5Gキャリアが採用している「5G標準モデル」Galaxy S10 5G。この4つの5G端末ラインナップは他社にとってうらやましいものに見えます。しかしサムスン側にとってみれば、5Gの立ち上がり時点でトップメーカーの座を奪い取らなくては中国メーカーに追い抜かれてしまうという危機感が高いのです。すなわちファーウェイやOPPOの動きがサムスンの5G端末開発を急がせているとも言えるのです。

さてサムスンがこれだけ必死に5Gスマートフォンを開発しているということは、他社からも早い時期に続々と5G端末が出てくることを意味します。日系勢力もソニーとシャープが5Gスマートフォンの商用化を来年に控えており、存在感は失っていません。2020年以降も毎月のように5Gサービス国が増加していくでしょうから、5Gスマートフォン市場は四半期ごとに順位が入れ替わる激しい競争が繰り広げられそうです。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: 5g, android, galaxy, galaxy fold, galaxya90, mobile, Samsung
15シェア
4
11
0

Sponsored Contents