Sponsored Contents

nianticの最新記事

Image credit:
Save

ポケモンGO、第五世代イッシュ地方のポケモンがついに出現。タマゴ・レイドも変化 (新規ポケモン一覧)

イッシュ / Unova (意訳)

Ittousai, @Ittousai_ej
2019年9月17日, 午後12:45 in Niantic
35シェア
8
27
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View



ポケモンGOにイッシュ地方で初めて見つかったポケモンたちが多数出現するようになりました。

いわゆる御三家(初期ポケモン三体)であるツタージャ・ミジュマル・ポカブやヨーテリーなどが野生で出現するほか、2km・5km・10kmタマゴからも新規ポケモンが孵化。レイドバトルのギアルをはじめイッシュ地方のポケモンが登場します。



イッシュ地方は2010年にニンテンドーDSで発売された『ポケットモンスター ブラック・ホワイト』の舞台。カントー、ジョウト、ホウエン、シンオウに続く第五世代にあたります。

(蛇足。ポケモン世界の地方名は従来、外国語版でもおおむねカントー/ Kanto / 關都 など日本語そのままの音でしたが、イッシュでは英語 Unova / イタリア語 Unima / 中国語 合眾(合衆)など、別の訳語が割り当てられています。いずれも、(多種多様なものが)ひとつに集まる意)

ポケモンGOに出現するイッシュ地方ポケモン一覧

太字は色違いも出現
ポケモン名後の丸括弧内は進化形

Pokemon GO

野生


ツタージャ (ジャノビー、ジャローダ)
ポカブ (チャオブー、エンブオー)
ミジュマル (フタチマル、ダイケンキ)
ミネズミ (ミルホッグ)
ヨーテリー (ハーデリアムーランド)
チョロネコ (レパルダス)
マメパト (ハトーボー、ケンホロウ)
シママ (シママ、ゼブライカ)
ほか

タマゴ

2km
ミネズミ
ヨーテリー
チョロネコ
マメパト

5km
ツタージャ
ポカブ
ミジュマル
モグリュー
タマゲタケ (モロバレル)

10km
テッシード (ナットレイ)
ギアル
ヒトモシ (ランブラー、シャンデラ)
ゴビット
モノズ

レイド

ヨーテリー
ミネズミ
ギアル (ギギアル、ギギギアル)

イッシュ地方(第五世代)の地域限定


Pokemon GO

日本含むアジア太平洋地域:
ヤナップ (ヤナッキー)

欧州・中東・アフリカ・インド:
バオップ (バオッキー)

南北アメリカ・グリーンランド:
ヒヤップ (ヒヤッキー)

東半球(日本含むユーラシア・アフリカ・オーストラリア等):
アイアント

西半球(おおむね南北アメリカ大陸):
クイタラン

進化アイテムは「イッシュのいし」

Pokemon GO

シンオウのいしに続いて、地方特定の進化アイテム「イッシュのいし」が加わりました。ヤナップからのヤッキー、ランプラーからシャンデラなどの進化に必要となります。

入手方法は、いまのところフィールドリサーチ7日分の大発見報酬など。大発見の報酬は、アイテムに加えて以前ならばおおむね伝説のポケモンだったところ、11月までは「花飾りのイーブイ」。

イベント出現時に集めまくり花飾りブイズを揃えたトレーナーにとってはなんともやる気が減退するところでしたが、新規ポケモンのための進化アイテムが出るとなれば話は別です。





「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: niantic, pokemon, Pokemon GO, pokemongo
35シェア
8
27
0

Sponsored Contents