Sponsored Contents

Gadgetryの最新記事

Image credit:
Save

北米日産、GT-Rなど人気3車種に着想を得たゲーミングチェアスケッチ公開。人気投票も

#NationalVideoGamesDay の一環

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2019年9月16日, 午後04:00 in Gadgetry
73シェア
7
66
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View

北米日産が、eSports向けゲーミングチェアに日産車の要素を付加したコンセプトスケッチ3種類を公開しました。車種は日産のスポーツモデル最高峰GT-R NISMO、電気自動車のリーフ、米国向けSUVのアルマーダをチョイスしました。

まず最も注目されるであろうGT-R NISMOモデルのゲーミングチェアは、薄いカーボンファイバー製のシェルを備え、まるでレーシングカーのシートのような形状をしています。金属部分には軽量なアルミニウムを使用。赤いレザーと合成スエード素材もスポーティな雰囲気を高めて、プレイヤーから最高のパフォーマンスを引き出せそうな雰囲気です。

一方でSUVのアルマーダからインスパイアされたチェアは快適さを重視したモデル。実車のシートそっくりの座面と背もたれのデザインを採用し、腰に優しいランバーサポートや高級感あるレザーで快適さをサポート、さらに気候によって暖かく、またはひんやりとドライバーを迎え入れる温調機能つき。

そして最後のリーフ仕様は、世界で最も売れている電気自動車をコンセプトとして、ガンメタルとブルーの色合いでエレクトリカルなイメージを打ち出します。また3モデルで唯一レッグレストを採用。USB充電ポートを備えるところは、大容量バッテリー搭載車(チェアがどこから電源を供給するのかは不明)ならではの機能と言えるでしょう。

Gallery: Nissan Gaming Chair | 3 Photos

3


北米日産は今年3月、世界的なeSportsチームであるFaZe ClanとOpTic Gamingの両チームへのスポンサー契約を発表し、両チームにプロモーション用のリーフやアルマーダなど人気車種を供給しています。日産は今回のゲーミングチェアのスケッチを実際に製作する予定はないとしているものの、一般からはTwitterを通じてお気に入りへの投票を呼びかけています。

ちなみに、日産は2016年に、自動的に所定のデスクへ戻る自走式オフィスチェアを開発したことがあります。今回のゲーミングチェアも、大きな反響と多数の製品化要望があるようなら、どれかひとつ、試作ぐらいはしてみてほしいものです。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

73シェア
7
66
0

Sponsored Contents