Sponsored Contents

iphoneの最新記事

Image credit:
Save

iPhone 11/11 Pro先行レビュー、注目はやっぱりカメラ。Huawei P30 Proとの撮り比べも(本田雅一)

Proのバッテリ駆動時間向上も魅力的

本田雅一, @rokuzouhonda
2019年9月17日, 午後07:04 in iphone
214シェア
54
160
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View
iPhone 11 / 11 Proシリーズが発表されてから、短期間ではありますがiPhone 11およびiPhone 11 Pro Maxを使用する機会がありました。あいにく帰国翌日からの日本は天候が優れず、スッキリ晴れた中でのカメラテストが行えませんでしたが、それでも実機を使いながらの中で確認できたことがいくつかあります。

iPhone 11 / 11 Proシリーズの差異についてはこちらの記事、カメラ機能の画質向上に対する取り組みについてはこちら記事ですでに紹介していますが、それらでは伝え切れていない部分までを含めて実機でのインプレッションをお伝えしましょう。

ちなみに、例年どおりiOSのアップデートもあります。同じiOS 13でもカメラのユーザインターフェイスなどはiPhone 11/11 Proシリーズ固有のものになるなど、使い比べてみると従来機との違いもわかりました。


"11世代"カメラのポイントまとめと追加情報

iPhone

iPhone 11/11 Proには35ミリフィルム判換算で13ミリ相当(対角画角120度)の超広角カメラが搭載され、旅先の大自然全体を収めるような構図はもちろん、被写体に近付いてワイドマクロで撮影すれば、大胆な表現も行えます。

この超広角カメラは、その画角を活かした撮影で使いやすいだけでなく、26ミリの広角カメラでの撮影時、撮影領域外をカメラアプリ上で表示する際に使用されます。さらにオプション設定で「写真のフレームの外側を含めて撮影」という選択をしておくと、超広角カメラで捉えておいたフレーム外の画像情報も同時記録してくれます。

画質面での進化に関しては別途まとめた記事を掲載しましたが、加えてスマートHDRという、露出を変えて常に2枚の写真を撮影、そして合成する機能が第二世代へ。2つの異なる露出の情報から、暗部、明部のディテールを活かし、本来の場の雰囲気を活かしたトーンマッピングが行えるようになったとされています。

iphone
▲スマートHDRのテストで太陽に向けて撮影。全体のコントラスト感を維持しながら、建物の質感やディテール、雲の雰囲気まで含めバランス良くトーンマッピングが行われている

このあたりは、実際の作例で見てみましょう。

また、操作性も変化しました。iOS 13をインストールすると、iPhone XSシリーズなどでもポートレートモードに後述する「ハイキー照明(モノ)」が追加されるものの、操作性には変化がありません。しかし、iPhone 11 / 11 Proシリーズのカメラには、増えた機能をシンプルに使いこなすために手が加えられています。

iphone
▲iPhone 11 Pro Max(上)とHuawei P30 Pro(下)とで比べてみると、iPhone 11 Pro Maxのトーンマッピングと色再現の自然さ、それにクッションのテクスチャの的確さが印象的

ユーザーインターフェイスの整理

これまでなぜかカメラモードに「スクエア」なるモードがありましたが、iPhone11世代ではこれがなくなります。そもそも「スクエア」は正方形で撮影するだけですから、撮影モードにするのではなくオプションとなるべきですよね。

ということで、iPhone 11世代では撮影モード「タイムラプス」「スロー」「ビデオ」「写真」「ポートレート」「パノラマ」の6項目にまとめられています。

iphone
▲iPhone 11 Pro Max各カメラの画角比較。13ミリ相当

iphone
▲iPhone 11 Pro Max各カメラの画角比較。26ミリ相当


iphone
▲iPhone 11 Pro Max各カメラの画角比較。52ミリ相当

またカメラが3つに増えたことで、それぞれのカメラに「0.5」「1x」「2」と広角カメラを基準の1とした倍率が表示され、ダイレクトに切り替えが可能になりました。タップ&ホールドで滑らかなズームが行えるのは従来どおりですが、ダイヤルのスケールが見やすい表示になっています。

さらに(縦位置で構えている場合は)上にスワイプすると、撮影パラメーターが一覧で表示され、マニュアルで撮影パラメータを簡単に操ることができます。横位置でも縦位置でも、親指だけで操作できるインターフェイスとなり、ここでフラッシュライトやライブフォトのオン / オフ、タイマーなどに加えてアスペクト比の選択も可能。標準画角の4:3からスクエア、16:9への切り替えもここで行うことに。このほか、ライブフォトの設定も独立しているため、従来は行えなかったスクエア撮影でのライブフォトが可能になりました。

広角カメラ撮影時、超広角カメラの映像も記録される

広角カメラ撮影時、超広角カメラの映像も記録されると書きましたが、この機能は必ずしも広角カメラ撮影時だけではありません。たとえば望遠カメラで撮影された場合も、広角カメラで撮影されていた情報が付加されます。

iphone
▲右上の「四角に星」マークが、撮影領域外の情報も含んだ画像であることを示すもの。30日経過すると不要な領域は自動削除されます

この機能のおかげで、少しだけ見切れている被写体をフレーム内に写したり、傾き補正などを行った際に画角が小さくなったりすることが防げます。この画角の外の情報は、HIEFと呼ばれる画像フォーマットにメタ情報として加えられ、1か月以上経過すると必要がないと判断されて自動削除されます。デフォルトではオフなのですが、ぜひオンで使うことをオススメします。

iphone iphone
▲編集を選んでトリミング機能に切り替えると、周辺映像がある場合はボケながらもそこに情報があることが表示されます

本来の画角以外の情報は画質面では落ちる筈なのですが、つなぎ目を含めてほとんど認識できません。なお、撮影領域以外の情報が記録されているかどうかは、写真アプリで写真を閲覧すると、領域外が記録されている旨を記したアイコンが表示されます。

手持ちでの長時間合成も破綻少ないナイトモード

iPhone

ナイトモードの仕組みについては、以前の記事でも紹介していましたが、"モードレス"で使えるため、撮影シーンが暗い場合は自動的にナイトモードとなります。手持ちなのか固定されているかなど、どの程度端末が安定しているかは自動判別され、またシーンの明るさによっても、撮影にかかる時間が自動で変化します。

ナイトモードになった場合は左上にナイトモードのアイコンがオレンジ色で表示され、そこに秒数が表示されます。通常は2秒程度の自動設定となることが多いのですが、三脚などで固定すれば5秒以上と判別される場合もあります。なお、このアイコンをタップすると秒数を自分で選ぶことができ、ゼロ秒に設定するとナイトモードをオフにすることも。

設定可能な最大の秒数は、どうやらその時に選ばれている実効感度(ゲインアップの度合い)で変化するようで、真っ暗な環境だと最大30秒までの画素融合処理が行えます。

iphone
▲ホテルのサッシに押さえつけて撮影した夜のショット。ナイトモードで5秒の撮影

ナイトモードの効果は絶大で、手持ち撮影でも2〜3秒(壁に寄りかかれば5秒ぐらい)の合成で、合成しているとは思えないほど自然で明るい写真が得られます。同種の撮影モードはHuaweiやGoogleのカメラアプリでも用いられていますが、iPhone 11 / 11 Proシリーズにおいても素材のディテール感はかなりの好印象です。ナイトモードで人物を撮影する際は、相手に「なるべく動かないで」とお願いしておくと、顔の形状が崩れるといったことはありませんでした。もちろん、程度問題で補正が効かない場合もありますけどね。

iphone
▲暗く照明が落とされた飛行機内。ほぼ真っ暗だが、機内の雰囲気を残しながら充分な明るさの写真に仕上がる。ナイトモードで4秒。手持ちの撮影

なお、超広角カメラは13ミリ相当という、手ぶれをほとんど気にしなくていい画角であるため、光学手ぶれ補正が搭載されていません。その影響があるのだと思いますが、超広角カメラではナイトモードが利用できません。広角カメラよりも広い画角にズームすると、それまでナイトモードアイコンが表示されていても消えてしまいます。また、26ミリ相当の画角でナイトモードの撮影時には、撮影フレーム外の情報は記録されません。

インカメラの充実

アウトカメラだけでなくインカメラにも画質の大幅な改善が見られます。1200万という画素数はともかく、S/N比がよくなり、明るい場所ならばアウトカメラとあまり変わらない雰囲気の写真が撮影できます。Appleに「何ミリ相当?」と尋ねても、すぐに答は出てこなかったのですが、従来よりも明らかに広角になっています。

ただ、自分だけが被写体になることが多い縦位置でのインカメラ撮影では、画角が拡がると広すぎて使いにくいこともあるでしょう。その点は心配いりません。縦位置でインカメラを選ぶと、700万画素にまでクロップして画角が小さくなるギミックが入れられています。さほど大きな画角変化ではないのですが、横位置ではグループ写真、縦位置では自分ひとりだけが被写体になるケースが多いだろうと予測しての機能だそう。もちろん縦位置、横位置ともに斜め矢印のアイコンをタップすれば、画角を相互に行き来できるようになっています。

さらに画質の向上も顕著で、室内での自撮り写真などでも画像が荒れにくくなりました。メインのカメラよりは落ちますが、トーンマップや色の乗りなどもよく、一般的なスマートフォンのメインカメラに迫る画質です。

インカメラに使われているセンサーが従来の2倍速となる毎秒120フレームでの撮影に対応したことで、2つの点で大きな進歩もあります。

ひとつはスマートHDRがインカメラでも使えるようになったこと。これにより逆光、あるいは照明などが映り込んでしまうようなシーンでも、適切なトーンマップ、暗部、明部のディテールが得られます。

もう1つは最大で4K/60pまでの撮影が可能となり、フレームレートを30pまで抑えるとインカメラでもダイナミックレンジ拡張効果(スマートHDRとはこの場合呼ばず、ExtendedダイナミックレンジとAppleは言っており、画作りが異なります)が得られるほか、120fpsのスローモーション撮影も可能となりました。

スマートHDRの進化

iphone
▲スマートHDRは以前よりも明部と暗部の落差が大きくなり、絵全体のコントラストを付けるとともに、暗部・明部の階調は極端に補正せず、肉眼の雰囲気に近くなっています

冒頭でも紹介したように、スマートHDRが第二世代になりました。2枚の露出が異なる情報から、明部、暗部それぞれの領域で最適なトーンマッピング処理(明暗差を1枚の写真に割り付ける際の特性決め)を行って合成します。

iPhone XSと比較すると、全体に中間輝度を抑えめ(露出を控え目)に描写しつつ、陰の部分へのつながりを滑らかにつなぐようになっています。ハイライトの情報量も増えていました。ひとによってはXSのスマートHDRの方が好きだという人もいるでしょうけれど、視覚の感じ方により忠実という意味では、iPhone 11世代の方がより良いと言えそうです。

"スマート"とされているように、この機能は完全にシームレスに行われますが、コントラスト差が激しい場面以外でも、トーンマップを適切にするために役立っているようです。たとえば、顔を撮影する際、陰へと引き込まれる部分のトーンはとても滑らかに繋がります。

ポートレートモードに「ハイキー照明(モノ)」が追加

iPhone

ハイキー照明(モノ)は背景を真っ白に飛ばし、人物も高コントラストかつ明るく描写するモード。シャープかつカッコいい人物写真を簡単に得られます。まるでバック紙を用意し、大型ストロボで撮影したようなポートレート写真になります。

このようにモードが追加されただけではなく、撮影時に背景のボケ度合いが調整できるのはもちろん、照明効果の強さもスライダーで選べるようになりました。

iOS 13にアップデートすれば、モード数増加と効果の強さはXSシリーズでも選べるようになりますが、iPhone 11世代のカメラではユーザーインターフェイスが変更されているため、右親指での撮影パラメータ設定でこれらの操作を手早く行えます。

広角カメラでもポートレートモードが利用可能に

iPhone XRでも広角カメラでのポートレートモード撮影が可能でしたが、それは視差から検出した立体像(Depth情報)から作られたものではなく、機械学習処理による背景と被写体の分離と、被写体が人物であることを前提とした処理で、顔認識がされないと機能しませんでした。

iphone
▲広角カメラでのポートレートが人物以外の被写体にも対応。ただし、やはりガラスなどの被写体は識別が難しいようで、一部が背景に溶け込んでしまっている

しかし、iPhone 11世代のカメラは超広角カメラが追加されたため、広角カメラでも視差を利用したポートレートモードが可能となり、従来よりも構図の自由度が高まりました。

iphone▲広角カメラでのポートレートモード。こちらも帽子の鍔がうまく切り抜けていない。何枚か撮影したが、どこかの切り抜きで必ず失敗していた。このあたりはソフトウェアのアップデートでの改良を期待したい

さらにiPhone XRではできなった、人物以外の被写体もポートレートモードで撮影できます。グラスの縁が解けたように描写されやすいなどの弱点は引き続きありますが、以前よりも被写体の深度(奥行き)判定や被写体と背景の分離などの精度は上がっているようです。このあたりはプロセッサの進化による部分が多いのでしょう。

iphone
▲iPhone 11 Pro Max(左)とHuawei P30 Pro(右)とでポートレートを比較してみると、カーディガンの質感描写で大きな違いが出た


より良い動画性能

メインカメラでは240fpsのスローモーション撮影のほか、ダイナミックレンジを拡張した4K/60p映像の撮影ができます。4K撮影時には従来設定としてなかった毎秒24フレームモードが追加されています。

これまでもサードパーティー製アプリを利用すれば、24fpsや48fpsといった映画との親和性が高い撮影モードも利用できましたが、iPhone 11 / 11 Proシリーズでは標準のカメラで24fpsが利用できます。動きボケなどを利用した映画っぽい撮影をしたい場合に有効でしょう。

もっともフィルムルックにするための画像処理モードなどは搭載されてないので、本格的な動画作品の撮影には、FiLMiC Proなどのアプリを使う必要があります。この点はCineAltaのアプリが最初から入っているXperia 1の方が遊べそうですね。

しかし動画の画質や手ぶれ補正などの動きは、iPhone XSよりもさらに改善された印象です。撮影しながら歩き回っても、ジンバルを使っている並に安定した撮影が行えます。

というわけで、iPhone 11 Pro MaxとHuawei P30 Proを使って、似たシーンを動画で撮影してみました。



アウトカメラを使って歩きながらの撮影。iPhone 11 Pro Maxでは、手ぶれ補正の具合も程よいが、ホワイトバランスや露出が安定して、照明環境が変化する中でも一貫した映像になっています。



iPhone 11 Pro Maxでは、フロントカメラでも手ぶれ補正、露出、ホワイトバランスともに安定し、歩き回りながらの照明環境が変化する中でも破綻がありません。

XRのディスプレイを引き継ぐ"11"、より美しくなった"11 Pro"

ディスプレイ品質の前に、iPhone 11 / 11 Proシリーズすべてに共通する点について触れておきます。今世代でAppleは3D Touchを全廃しました。昨年、XSシリーズには3D Touchを搭載する一方、XRには長押しと振動で3D Touchに近い操作感を実現する「触感Touch(Haptic Touch)」に切り替えていましたが、今年はこれがiPhone 11 Proシリーズにも導入されました。

このため、3D Touchに依存していた一部アプリの操作が使えない場合があります。代表的なところではLINEメッセージを、既読にせずに覗き見する機能が動作しなくなります。LINEが触感Touchに対応すれば問題は解決しますが、一時的には困る方もいるかもしれません。

本題に戻りましょう。ディスプレイに関しては、液晶のLiquid RetinaディスプレイをiPhone XRから引き継ぐiPhone 11の場合、スペック上も実際の見た目上でも違いは感じられません。しかし、Super Retina XDRと名付けられたiPhone 11 ProシリーズのディスプレイはXSシリーズに比べ、明らかに改善されています。室内照明下ではさほど違いを感じないでしょうけれど、晴れの日の屋外などでは、iPhone 11 Proシリーズの方が明るく見えます。

スペック上はコントラスト比が2倍になっていますが、これは625nitsだった最大輝度が条件によっては1200nits(全画面白では800nitsまで)までブースト可能になったことによるもので、ローライトシーンの描写力が特別に上がっているわけではないようです。

しかし、NetflixやApple TV+の予告編などでHDR動画を見ると、明部の色付きがよく高画質なHDR対応テレビと比べても優れた画質になっていることが確認できます。HDR規格はHDR10とDolby Vision、それにHLG(ハイブリッドログガンマ)に対応しています。独自実装によるものとされる仮想サラウンドも良好で、音痩せなどなく明瞭かつ拡がりのある音響が楽しめ、Dolby Atmosのデコードも可能です。

画面サイズという制約を除くのであれば、HDR動画の再生画質はあらゆる端末の中でもっとも納得感があるだけでなく、高級テレビとの比較でも遜色ない仕上がり。入手したならば、ぜひ部屋の照明を落として暗めの部屋で映像作品を楽しんでみてください。ハイエンドAV機器に迫る画質を垣間見ることができます。

Gallery: iPhone 11 Pro Max作例 | 29 Photos

29


iPhone 11、iPhone 11 Proの価格差と機能差

iPhone

さて、ディスプレイの違いと52ミリ相当の望遠カメラの有無、それにフレーム素材の違いなどがあるiPhone 11 / 11 Proシリーズですが、以前に掲載したコラムでも書いたように、昨年のiPhone XRとiPhone XSシリーズよりも差違が小さく、ドルベースで300ドルも低価格なiPhone 11のコストパフォーマンスの高さが光ります。

昨年のiPhone XRはメモリ容量(RAM容量)が3GBとiPhone XSシリーズよりも少なかったのですが、iPhone 11は4GBに増量されており、iPhone 11 Proシリーズとまったく同じです。

デザインや仕上げといった点でも、一枚のガラスモールドから切削処理で成型した背面パネルなどの仕上げもあってiPhone 11が"下"に見える要素はあまり感じられません。

実際の販売数で言えば、低価格なiPhone 8の方が年間トータルで上回るかもしれませんけれど、ラインナップに残ったiPhone XRを検討してる人には「少しお金を足してiPhone 11にした方がいいよ」と伝えたいですね。

短期間の試用であるため、まだ端末の全貌を把握し切れてはいませんが、試用中にiPhone 11とiPhone 11 Proの違いをもっとも感じたのは、実はバッテリの持続時間です。Appleは新プロセッサであるA13 Bionicの省電力性能を訴求しています。実際、iPhone 11 / iPhone 11 Proのさまざまな機能は、新プロセッサが並列でさまざまな情報を処理しているからこそ実現できており、しかもそれらが省電力に実行できているというのはなかなかに凄いことです。

しかしユーザーが直接的に感じるのは、一日中使ったときの電池のもちの体感でしょう。昨年のiPhoneは液晶ディスプレイを使うXRがもっともバッテリ持ちのいい製品でした。

iPhone 11の構成はディスプレイとバッテリがXRとほぼ共通とみられますが、それでも「1時間延びた」と訴求されています。体感的な差は感じませんが、システムの効率が高まったことでバッテリ持続時間が伸びたと考えられます。

一方iPhone 11 Proシリーズは、スペック上で5.8インチのiPhone 11 Proが4時間、6.5インチのiPhone 11 Pro Maxが5時間も延びました。付属する充電器がUSB Type-Cの18W出力タイプ(iPad Proと同じもの)に変更されていることからも、バッテリ容量が増加していることが予想されます(端末重量の増加も同じ理由からでしょう)。いずれにせよ発売されれば分解記事が登場し、どのようなバッテリが搭載されてるか明らかになるでしょう。

iPhone 11 Pro Maxを使った体感としては、一日中使っていても再充電しなくてもよさそうかな? 程度にはバッテリ持ちがよくなりました。この大幅なバッテリ駆動時間の延長がiPhone 11 Proシリーズだけにある理由は、どうやら新素材を用いてエネルギー密度を高めたバッテリにあるようです。iPhone 11との300ドルの価格差(Maxでは400ドル)は、ディスプレイ以外にこうした部分にも影響しているのかもしれません。

ちなみに付属するUSB-C - Lightningケーブルは、電流量の増加に対応しているためか、Lightning側のコネクタサイズが少し大きくなっています。現時点で出荷されているケースなどでは、コネクタが干渉する可能性もあるので注意してください。





「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

214シェア
54
160
0

Sponsored Contents