Sponsored Contents

iphoneの最新記事

Image credit:
Save

iPhone 11はただのXR後継機じゃない。実際に使ってわかった魅力(井上晃)

決してHDRコンテンツが視聴できないわけじゃないです

井上晃(AKIRA INOUE)
2019年9月17日, 午後07:01 in iphone
95シェア
15
80
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View
9月20日の発売に先立ち、iPhone 11の実機を試用する機会を得ましたので、本稿では同機を使ってみたうえでのインプレッションをお届けします。

新デザインは好印象

iPhone 11は、6.1型のLiquid Retina HDディスプレイを搭載します。本体サイズはW75.6 x H150.9 x D8.3mmで、質量は194g。仕様上の数値はiPhone XRと揃っています。筆者としては、片手で握れる許容範囲ギリギリのサイズ感です。

ITコンシェルジュ

今回試用したカラーは「グリーン」。伝統色の"柳色"を思わせる淡い緑は、ポップでありながらもどことなく上品な趣を感じます。素材については、背面にガラス、側面にアルミフレームを使用しており、これまたiPhone XRに近い印象。ちなみに、フレームにあるアンテナ線は左右側面に2本ずつ計4本を備えます。

ITコンシェルジュ

カメラは広角と超広角の2眼。背面は一枚のガラスから整形されていて、カメラの周囲は一部が四角形に隆起した形状に。レンズ部>隆起部>背面の順に段差が設けられており、Proシリーズほどではありませんが、デザインとして敢えてカメラ部分をアクセントとしている印象を受けます。また、構造を鑑みるに、ケースの装着を前提として想定しているのは前世代と共通かもしれません。

ITコンシェルジュ
▲クリアケース装着時の背面

ITコンシェルジュ
▲クリアケース装着時の前面

背面にあるAppleのロゴは明るめのシルバーです。ロゴの位置はカメラ部の変化と合わせて端末の中心部に移動。「iPhone」の刻印もありません。無駄がなくバランスのよいデザインになったと思います。筆者はこれまでiPhone XSにバッテリーケースを装着して使用していたので、実はこの中央にロゴがあるデザインにはすでに慣れていたんですよね。親しみこそあれ、違和感は全くありません。

ディスプレイは本当に劣るのか?

iPhone 11のディスプレイは、先述の通り6.1インチ。iPhone XRと同様、液晶を用いた「Liquid Retina HDディスプレイ」が採用されています。解像度は1792 x 828ピクセルで、画素密度は326ppi。コントラスト比は1400:1で、最大輝度は625ニトです。P3という広色域こそ共通していますが、こうした仕様はiPhone 11 Proシリーズと比較した際に見劣りしているように思えます。

ITコンシェルジュ

一方で、ディスプレイそのものがハイダイナミックレンジに相当しないものの、iPhone 11も実は「Dolby Vision」と「HDR10」のコンテンツに対応しています。サウンドも空間オーディオ再生や「Dolby Atmos」に対応しており、Proシリーズとの明確な違いはありません。

そこで、実際に「TV」アプリから3つのHDR対応作品──「バンブルビー」(DOLBY VISION、DOLBY ATMOS)、「スパイダーマン:スパイダーバース」(DOLBY VISION、DOLBY ATMOS)、「ルイスと不思議の時計」(HDR10)──をレンタルし、一部のシーンを視聴して比べてみました。

その感想としては、日常使用において「両者の差はほとんど感じられない」です。もちろん、iPhone 11 Proシリーズのハイダイナミックレンジの差に気づくシーンもあります。例えば、バンブルビーの後半に出てくる「マイアミバイス」を意識したカーチェイスでは、跳ねた車が電線に接触し、火花を散らすシーンがあります。この火花の明るさは、最大コントラスト比2,000,000:1のiPhone 11 Proだと、思わず「眩しい」と感じるほどのハイライトで表現されました。一方、iPhone 11では「明るいなー」という程度で、確かに違いはありました。

しかし、こうした暗いシーンでの強烈なハイライトのほかには、明確な違いを感じることは少なかったのも事実。普段HDRコンテンツをあまりを見ていない筆者の目が肥えていないことも影響しているかもしれませんが、よほどのこだわりがないのであれば、iPhone 11のディスプレイで満足できないことは少ないだろうと思いました。

広角カメラ対応は非常に嬉しい

iPhone 11の背面カメラは、ƒ/2.4の超広角カメラと、ƒ/1.8の広角カメラの2眼です。ユーザーの使い勝手としては、2倍の光学ズームアウトと最大5倍のデジタルズームインに対応するという仕様上の表現がわかりやすいでしょう。

ITコンシェルジュ

筆者はAndroidスマートフォンですでに広角カメラを経験しているので、スマートフォンでの広角撮影そのものには感動は覚えませんでしたが、魚眼のように周囲が歪まず、それでも広い画角を捕らえられる使い勝手の良さはさすがだな、と感じました。何より使い勝手のよい広角撮影にiPhoneが対応してくれたこと自体が嬉しいです。

ITコンシェルジュ
▲広角(左)と超広角(右)での画角の違い

逆にiPhone XSユーザーとしては、望遠カメラがないことに不便を感じました。例えば、路地で遭遇した猫をポートレート撮影しようとしたとき、iPhone XSやiPhone 11 Proシリーズなら離れたまま撮影できますが、iPhone 11ではぐっと近づかなければなりません。また、飲食店で食べ物を撮影する際に、手元の影が入らないようにズームしたいと思ったなら、iPhone 11ではデジタルズームとなるため少し画質が落ちてしまいます。

ITコンシェルジュ
▲街で出会った猫をiPhone 11のポートレートモードで撮影し、「ステージ照明(モノ)」を適用。これだけ撮れれば十分すぎる

しかし、そもそもiPhone 8などデュアルカメラではない機種を使ってきた人にとって、この点は従来と変わらないので、特に気にすることはないのかもしれません。ポートレートはぐっと近づいて気合いで撮影すれば良いですし、そもそも1200万画素あるので、多少画質が落ちるくらいなら問題ない、と割り切れます。

ナイトモードが気に入った

今季の目玉であるカメラのアップデートについては、そのほかにも様々な要素がありましたが、その中でも筆者が断トツで気に入ったのは新搭載の「ナイトモード」。これは、基本的に光量が足りない場所で自動で適用されて、明るく温かみのある写真に整えられるという撮影機能です。

従来のiPhone XSでも、手間は掛かりますが、写真の編集機能を活用して「露光」や「シャドウ」をうまく調整することで、相当明るい仕上がりにできていました。両者を比較してみたところ、カラーの調整に大きな違いがあるのがわかります。

ITコンシェルジュ

iPhone XSで撮影し手動で調整した場合では(iPhoneの「写真」アプリの標準機能では)、部位ごとにカラーの「キャスト」を変更できず、例えば空の色味が不自然になってしまいました。一方で、iPhone 11のナイトモード撮影では、手前の被写体は温かみのある色味で、空の雲は白色に調整され、スッキリと表現されています。

ITコンシェルジュ
▲先ほどの写真の一部を拡大し、ディティールを比較。iPhone 11のナイトモードで撮影した方がノイズが少なく精細

「ナイトモード」が使えるiPhone 11シリーズでは、夜間の撮影がかなり楽しくなるはずです。ちなみに、暗い雰囲気を活かして撮影したいときには、手動でナイトモードをオフにすることもできます。また、f値の高い超広角レンズに切り替えることでも、(こちらはナイトモードが適用されないので)暗さを活かした撮影が行えます。

ITコンシェルジュ
▲同じ視点からiPhone 11の超広角カメラで撮影。実際の視界の暗さはこれが一番近い印象です

価格的にも狙い目

「iPhone 11」というネーミングには、「今回はこちらが主力のモデルです」というAppleからのメッセージが透けて見えます。同機は価格も魅力的で、例えばApple Storeで「iPhone 8」の64GB・良品を下取りに出してiPhone 11を購入する場合には、最大1万9730円が割り引かれて、実質5万5070円で手に入るわけです。搭載するプロセッサーはProシリーズと同じで、Proシリーズと比べても基本性能にはほぼ差がありません。

iPhone 8やiPhone 7から新機種に乗り換えを検討する場合には、まさに狙い目です。一方、従来iPhone XSを使っていた筆者としては「iPhone 11 Pro」に魅力を感じる部分ももちろんあり、どちらを人におすすめすべきかを考えると、非常に悩ましいところです......。

皆さんはどちらが気になっているでしょうか?





「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

95シェア
15
80
0

Sponsored Contents