Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit: Apple
Save

アップル純正忘れ物防止タグ、やはり開発中?「Find My」アプリに専用タブ追加か

iPhone 11シリーズ搭載のU1チップと強い関連が推測されています

Kiyoshi Tane
2019年9月23日, 午後12:10 in apple
53シェア
10
43
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
Apple

様々な方面から噂が伝えられながら、いまだに姿を現さないアップル純正の忘れ物防止タグ。それがiOS 13上の新アプリ「Find My」(「友達を探す」と「iPhoneを探す」などを統合したもの)でどのように運用されるのかを示す、これまでにないスクリーンショットが公開されています。

今回の情報をもたらしたのは、アップル関連情報サイトMacRumors。ただし、ここで公開された新機能は、20日にリリースされたiOS 13では使用できないとのことです。先日もMacRumorsはiOS 13の内部ビルドから、アップルが忘れ物トラッカー「Tile」のようなアクセサリーを開発中と推測されるデータが発見されたと報告していました

MacRumorsの公開した画像では「Find My」(日本語表記は「探す」)アプリに、既存の「人を探す」「デバイスを探す」タブのほか、「アイテム(Items)」タブが追加されています。そして他2つのタブと同様に、「アイテム」タブの上部にはマップが表示され、下部にはユーザーのApple IDに紐付けられたアイテムのリストが表示されています。

そしてiOS 13では「アイテム」タブの位置にあった「Me」(自分)タブは、全てのタブのマップ上にアバターとして表示されるかたちとなります。

tag

新たな「アイテム」タブは、社内コード名「B389」と呼ばれる噂の忘れ物防止タグと密接に統合されたもの。タブ内の「追加」ボタンをタップすることでB389がApple IDに関連付けられ、Find Myアプリ内で直接追跡できるようになるとのことです。

このタブ内での「日常のアイテムにB389のタグを付ければ、二度と失うことはありません」とのメッセージは、アップルがTileの競合製品に取り組んでいることを示唆していると思われます。こちらに関してもMacRumorsは先んじて、iOS 13内部ビルドから発見した「アップルロゴが中央にある円形のタグ」の画像データを公開していました。

B389タグがユーザーが離れるとiPhone上で通知され、さらにユーザーがFind Myアプリのボタンをタップすると大きな音が鳴って場所を知らせる。見つからない場合は「紛失モード」に設定しておくと、別のiPhoneユーザーがタグに近づいたときに持ち主の連絡先が表示されて連絡が可能となる。さらにARを使えば、タグは風船として表示されて見つけやすくなる......といった先日も報告した仕組みを、MacRumorsは再確認しています。

こちらは6月初旬でのiOS 13内部ビルドから得られた情報につき、変更があるかもしれないとのこと。また、アップルが最終的には忘れ物防止タグを発売しない可能性もありますが「開発に取り組んでいる」ことは確かな事実と思われます。

iPhone 11シリーズ全てに共通して搭載されたU1チップはUWB(Ultra Wide Band:超広帯域)無線システムによる測位技術を使用しており、屋内でも高精度で位置を検出できることから、忘れ物防止タグと密接に関連があると推測されています。噂の新型16インチMacBook Proや次期iPad Proと合わせて、年内にも発表のためにスペシャルイベントが開催されるのかもしれません。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: MacRumors
関連キーワード: apple, findmy, FindMyIphone, iOS13, tile
53シェア
10
43
0

Sponsored Contents