Sponsored Contents

iphoneの最新記事

Image credit: PhoneBuff
Save

iPhone 11シリーズの落下耐久テストが公開。カメラ周りの強度が弱点?

本体から出っ張ってますからね

Kiyoshi Tane
2019年9月23日, 午後04:00 in iphone
117シェア
21
96
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View
PhoneBuff

アップルは、iPhone 11シリーズに「スマートフォンの中で最も頑丈なガラス」の採用をアピールしていますが、実際にはその頑丈さはどれほどのものなのか――それを他社デバイスと比較する、落下耐久テストの結果が公開されています。

YouTuberのPhoneBuff氏は、iPhone 11 Pro MaxとGalaxy Note 10+を対象に、今回の落下テストを実施。以前もGalaxy S10+とiPhone XS Maxを対象に行った、マシンアームを使って様々な角度を付け、約1mの高さから落とすというお馴染みの方式です。



最初の背面からの落下では、iPhone 11 Pro Maxが全面にわたってヒビが走る結果となっています。Galaxy Note 10+の程度は少し軽くなっていますが、それでも割れていることは確認できます。

2番目のテストでは、2つのデバイスとも側面から落とされていますが、iPhone 11 Pro Maxのほうがより軽微なダメージの印象です。これはiPhone 11 Proの側面がステンレスなのに対して、Galaxy Note 10+のそれはアルミニウム製という素材の違いによるものでしょう。

そして3番目のテストでは、ディスプレイの前面を下にして落としたところ、両方とも画面が割れています。ただしiPhone 11 Pro Maxがディスプレイ全体に亀裂が入っているのと比べて、Galaxy Note 10+はヒビが少ない印象です。そして計10回の落下を重ねた後は、Galaxy Note 10+は機能に支障がなかったのに対して、iPhone 11 Proはカメラアプリが操作不能となっています。

ただし、実際の落下によるダメージは、その時々の条件や、落下の瞬間の角度など、さまざまな条件によって大きく結果が異なる傾向にあります。PhoneBuff氏によるテスト結果も、「無数のあり得るケースの1つ」に過ぎないわけです。

実際、これとは別に米CNETが落下テストを実施した結果も報告されています。
こちらはiPhone 11とiPhone 11 Proを対象に、ディスプレイを下にして最大11フィート(約3.3m)の高さから落下させていますが、どの場合もガラスの損傷は前面と背面ともになく、前面のTrueDepthカメラの機能も問題なし。ただし、iPhone 11のカメラは完全に機能しなくなったと伝えられています。




アップルの「最も頑丈なガラス」という宣伝も、競合他社の未発表デバイスにつき検証しようがない以上は、当然のところ「開発時点で知りうる限り」という但し書きが付くはず。

しかしいずれにせよ、全般的な傾向として、スマートフォンのデバイスとしての強度はしだいに改良されおり、より壊れにくくなりつつあるのは確かなようです。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

117シェア
21
96
0

Sponsored Contents