Sponsored Contents

oculusの最新記事

Image credit:
Save

Oculus QuestでPC VRアプリが遊べるOculus Link発表。PCにUSB有線接続でRift代わり

Quest の高品位版オナシャス

Ittousai, @Ittousai_ej
2019年9月26日, 午後12:30 in oculus
130シェア
11
119,"likes":79
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View

開発者イベントOculus Connect で、Facebookがスタンドアロン型VRヘッドセット Oculus Quest の大幅アップデートを発表しました。

11月に提供するOculus Link機能では、VR対応のPCとOculus Questを高速USBケーブルで有線接続することにより、これまでPC用VRヘッドセットのOculus Rift専用だったハイエンドなPC VRコンテンツが楽しめるようになります。

さらに、位置トラッキングのない簡易型VRヘッドセットOculus Go のアプリもQuestで使えるようになること、逆にQuestでトラッキングをオフにして自由な姿勢で動画視聴などがしやすくなるモード、2020年にはコントローラを持たず画像解析だけで両手の指も含めたトラッキングに対応するなど、使い方が広がる多数のアップデートを用意します。



Oculus が最初に発売したPC VRヘッドセットの Oculus Rift は、いわばPCに有線で接続する外付けディスプレイ兼トラッキングセンサとして、VR対応のハイエンドなPCで描画したコンテンツを楽しむ製品でした。

一方、2019年5月に登場した Oculus Quest は、本体内にスマートフォンなどと同じモバイルプロセッサのSnapdragon 835を搭載。ハイエンドなPC VRよりグラフィックなどのクオリティは落ちるものの、自前でアプリを動かすことでPC要らず・ケーブル要らずのスタンドアロン型モバイルVRを実現した製品です。

Oculus が11月にリリースする Oculus Link は、要するに「Quest を Rift のかわりにする」新機能。Quest を PCにUSBケーブルで接続することにより、これまで Rift でしか遊べなかったコンテンツを、Quest でも遊べるようになります。

Oculus の発表によれば、 Oculus Link に必要なのは高品質なUSB 3ケーブル (と、VR ReadyなPC)。さらに年内には、光ファイバーを使い最大限の転送速度とエルゴノミクス(取り回しや長さ?)を両立した純正ケーブルも提供予定としています。


「これまでRift専用だったコンテンツが Quest でも遊べる」といっても、ハイエンドなPCを前提とした Rift 用コンテンツがそのまま Quest 上で、スタンドアロンで遊べるようになるという話ではなく、あくまでPCは必要・ケーブル接続も必要です。

また Oculus Quest は旧世代の Rift より映像品質が向上した点や、装着感・トラッキング方式などが進化してはいるものの、PC用の最新世代である Oculus Rift S の映像品質には及びません。

しかし一方で、PC専用の本格的なVRコンテンツも遊びたいが、ケーブルフリーで持ち歩いて皆で遊べる Quest も捨てがたい、両方買うのは厳しいと悩んでいた層、すでにRift用アプリを持っているユーザー、さらには Rift 専用コンテンツを購入するユーザー層が増える開発者にとっては非常に良い話。まずQuestを買って、あとからゲーミングPCを買って Link で遊ぶパターンもあります。

これまでもQuestは何も考えず総合的に一番良いVRデバイスとして勧められる製品でしたが、さらに魅力が増すアップデートです。


Oculus はこのほか、

・Oculus Go 専用アプリの Oculus Quest 対応 (来週~)

来週から、Oculus Go / Gear VR専用の人気アプリ・コンテンツ50タイトル以上が Quest対応。安価な簡易型VRヘッドセットの Oculus Goに対して、Quest は機能的には上位互換だったはずが、ソフトのフォーマットは別で、Go 対応なのに Quest で遊べないアプリが多数ありました。

すべてのそのまま互換ではないものの、対応する一部のGoアプリがQuestで楽しめるようになります。また9月25日より前に一部の Oculus Go / Gear VRアプリを購入していた場合、2019年内に限り、無償で Questバージョンにアップグレードできるアプリも約20タイトルほどあります。


・ハンズフリーのハンド・フィンガートラッキング (2020年早期)

Questがコントローラなしのハンドトラッキングに対応。Quest のカメラでユーザーの手や指を認識して、VR空間にそのまま反映します。こちらの機能は2020年の早い時期にリリース予定。


・メディア視聴用のトラッキングオフ設定

動画視聴などのために、Quest のトラッキングを無効にする設定。Quest は画像ベースのトラッキングを採用するため、ある程度明るい部屋でないとトラッキングが有効にならず使えない問題がありました。トラッキングをオフにすることで、シンプルなヘッドマウントディスプレイとして使えるようになります。ガーディアンや、頭部の位置トラッキングが必要なアプリは使えません。


・Passthrough+ (外界の歪み補正済みステレオ透過表示。来週~)

Quest をかぶったまま、外部カメラ映像をパススルー表示して外を確認できるようになります。従来もガーディアンの範囲を外れた際にはモノクロで簡易的に表示できましたが、パススルー+では左右の目に正しく歪み補正したステレオ立体視で表示するため、より自然に周囲の環境が見えるようになります。ガーディアンを外れた際のパススルー+表示は来週から、いつでも手動で有効にできるオンデマンドは年内に提供予定。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

130シェア
11
119,"likes":79
0

Sponsored Contents