Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

スティーブ・ジョブズ逝去から8年。その思い出を振り返る

Apple Pencilについて感想を聞きたいところ

Kiyoshi Tane
2019年10月5日, 午前12:01 in Apple
198シェア
26
172
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
2011年10月5日。アップル共同創業者であり、MacintoshやiPod、iPhoneなどの斬新な製品を世に送り出したスティーブ・ジョブズが56歳の若さで逝去してから、ちょうど本日で8年を迎えることとなりました。

2011年10月5日のその当日には、ジョブズに後を託されたティム・クックCEOが「明快なビジョンを抱く創造性に富んだ天才を失い、世界は素晴らしい人間を失った」と悼んだことをはじめ、全世界の人々が喪に服しました。銀座のアップルストアに捧げられた献花や、同じ時代をともに生きられた思いのこもった言葉の数々に、不世出の存在感が改めて振り返られます。

jobs

死亡証明書の職業欄に「起業家」と書かれたことが象徴的でした。そもそも彼自身はプログラマーでもエンジニアでもなく、アップルの原点たるコンピューター製品であるApple 1も技術的には共同創業者のスティーブ・ウォズニアックが独力で創り上げたと言えるものです。

しかし、優れた製品や才能であれ"全世界にあまねく知られる"ものは稀であり、ジョブズの起業なくして現代人の生き方を変えた様々な製品や作品もあり得なかったでしょう。彼が若き日に情熱を傾けた初代Macintoshも、マウスによるGUI操作を"事実上の標準"として普及させ(Windowsへの影響を含めて)、その後のコンピュータのあり方を決定づけています。

ジョブズのサイン入りMac雑誌、約542万円で落札。サインなし名刺もオークションで約71万円の高値に


伝説のアップルCM『1984』の絵コンテが公開。ジョブズは「素晴らしい」と激賞

色々あってアップルを一度は退社したジョブズは、コンピューター会社のNeXTやCGアニメーションのピクサーを設立するなど活躍しました。前者はアップルに買収されてジョブズが復帰するきっかけとなる一方で(当初はコンサルタント)、その技術はMac OSに引き継がれてアップルのソフトウェア技術の中核となっています。

ちなみにNeXTにとって最初の製品NexTcubeは成功したとは言えませんが、親友にしてライバルのビル・ゲイツはジョブズのプレゼンの見事さを皮肉交じりに称賛しています。

ビル・ゲイツ、ジョブズの会話スキルを「NeXTのプレゼンでさえ人々を魅了していた」と羨む

後者のピクサーは、元々はルーカスフィルムのコンピュータ関連部門。それをジョブズらが買収し、レンダリングソフトが主要製品だった同社をCGコンテンツ制作へと転換させた経緯があります。初の長編CGアニメ「トイ・ストーリー」は大ヒットし、同社はディズニーに買収されることに。ディズニーCEOのボブ・アイガーがアップルの取締役となったのも、要は「ジョブズがピクサーを設立したから」でした。

ジョブズのサイン入り『トイ・ストーリー』ポスター、競売に。開始価格は約264万円


ディズニーCEO、アップル取締役辞任の理由やジョブズとの思い出を語る

ジョブズのアップル復帰後、1998年にはiMacが市場投入されます。この製品は大ヒットしてアップルの復活を印象づけましたが、ジョニー・アイヴが手がけた初期の作品でもあり、後に屋台骨となるiPhoneまでの路線が敷かれた分水嶺と言えます。そもそもアイヴがアップルに入社したのは、かつてジョブズが心血を注いだMacとの出会いが動機の1つでした。

ジョニー・アイヴ、iPhoneのマルチタッチや創造プロセスを語る。「Macを開発した人と確かな繋がりを感じた」

さらにiPodとiTunesによって音楽事業に参入し、Windows対応によってアップル製品のユーザー層が飛躍的に拡大していきます。そして2007年にアップル初のスマートフォンとして投入されたのが、ごぞんじ初代iPhoneです。お披露目の場でもジョブズのプレゼンは冴えわたりましたが、まだ試作品にすぎなかったiPhoneはフリーズを頻発。そこで開発者がフリーズしない操作の順序「黄金の道」を探し出した裏話も、後年明らかにされていました。



月日は流れ、2011年6月に開催された開発者向け会議のWWDC。すでに一度は病気療養のため休職していたジョブズにとって、最後の舞台となりました。おもにiCloudについて熱弁が振るわれ(その前のMobileMeが失敗した文脈もありますが)PCやMacに代わってクラウドが新たな生活のハブとなるという主張は、今なお核心を突いた名プレゼンと言えるでしょう。

アップル WWDC 2011 基調講演

結局、ジョブズの功績とはなんだったのか。詰まるところ、それは「人」でしょう。アイヴとともに(粘り強いダメ出しを含めて)ガラスとアルミでシンプル・ミニマルなスタイルを確立。そしてオペレーションの専門家だったティム・クックを自らの後継者に選んだ「人」を見る目の確かさは、アップルの成功が裏付けています。

そしてアップルがユーザーという「人」にとって使いやすい製品を尊重する姿勢も、おそらくジョブズ本人が「世界一厳しいユーザー」だったことから来るもの。盟友のウォズ(愛称)が言うように、ジョブズも今のアップルを見てとても満足しているのかもしれません。

スティーブ・ウォズニアック、「ジョブズは今のアップルにとても満足しているだろう」と発言。「技術よりも人を優先すべき」

ただ、現在のiPad+Apple Pencilを見て、スタイラス嫌いで知られたジョブズがどう思うかは非常に興味深いところです。

jobs



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: apple, icloud, imac, ios, iphone, ipod, SteveJobs
198シェア
26
172
0

Sponsored Contents