Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

アップル、iCloudフォルダ共有をひそかに「来春」に延期

Dropboxではとっくにできていることですが

Kiyoshi Tane
2019年10月9日, 午後12:10 in Apple
52シェア
9
43
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View

アップルのクラウドストレージサービスiCloudのフォルダ共有機能は、今年秋のiOS 13やmacOS Catalinaの配信開始に合わせて(機能の一部として)リリースが予定されていたもの。ですが、アップルはごく静かに来春まで延期と告知しました。

延期のお知らせは特別にページが設けられたわけではなく、macOS Catalinaの「全ての機能」を紹介する公式ページの片隅に追記されたかたちです。ページ末尾の「iCloud Drive folder sharing(iCloudフォルダ共有)」の後ろに*が付けられ、「来春に登場」とひそやかに注釈が付けられています。ほか、スクリーンタイムの通信制限(子供の通信時間や通信できる相手を制御)も同じく延期とされています。

まだ「iOS 13の全ての機能」ページに同様の記述は確認できませんが、上述の注釈にmacOSに限り延期との但し書きもなく、そちらもほぼ確実に「来春」の表記が追加されると思われます。

米アップル関連情報サイト9to5Macによれば、iCloudシステムはiOS 13ベータ期間中に全面改修され、フォルダ共有ほかファイル関連の様々な機能が追加。しかしベータテスターの多くがデータ損失や破損の問題を報告したため、9月リリースに間に合うようOSを安定させる一環として、iOS 13がGM(正式配信前の最終ベータ版)に移行する前にiCloudデーモン(バックグラウンドで動作するプロセス)が元に戻されたとのことです。

iCloud共有機能を使うと、友人とのフォルダ丸ごとシェアが可能となり、全員がそこにファイルを追加および置かれたファイルの共同編集もできるようになります。これらは競合クラウドストレージサービスDropboxが何年も前から実現していたことで、現行のiCloudでは単一のファイルしか共有できません。

アップルが予告しながらも正式版に実装されていない新機能としては、他にiOS 13でのSiriのメッセージ読み上げなどがあります。が、そちらはiOS 13.2ベータで確認されているのに対して、iCloudフォルダ共有やスクリーンタイム通信制限はベータ版に含まれていないと伝えられています。これら2つが使えるのは、しばらく先のことになりそうです。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Via: 9to5Mac
Source: Apple
関連キーワード: apple, CloudStorage, icloud, iOS13, MacOs, macOS Catalina
52シェア
9
43
0

Sponsored Contents