Sponsored Contents

politicsの最新記事

Image credit: ASSOCIATED PRESS
Save

アップル、香港警察追跡アプリを再び取り下げ。中国国営メディアが「無分別で無謀な決定」を警告した直後

香港情勢がアップルを直撃しています

Kiyoshi Tane
2019年10月10日, 午後08:00 in politics
155シェア
22
133
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
ASSOCIATED PRESS

アップルが香港にて人々が警察の活動を追跡できるアプリ「HKmap.live」を一度はApp Storeから取り下げ、その後に決定を覆して配信を再承認したことはお伝えした通りです

こうしたアップルの決定に対して中国の国営メディア・人民日報が警告を発したあと、同アプリが再びApp Storeから取り下げられたことが報じられています。
人民日報は社説において、同アプリが警察の居場所を知らせることで、実際には違法行為を助長していると主張。App Storeでの配信承認に対して「暴力的な混乱を招く」「アップルは共犯者になる意図があるのだろうか」として、「このような無分別で無謀な決定は、アップルに多くの問題を引き起こすだろう。同社は深く考える必要がある」と警告しました。

そうした社説が発表された後、同アプリはApp Storeから再び削除されたとのこと。アプリ開発者はアップルから「法執行機関と居住者を危険にさらしているから」と通告されたと報告し、これには同意しないとツイートしています。


この件につき、アップルは米TechCrunchに直接声明を出し、同アプリを削除した理由として香港警察と住民を危険に晒したことを挙げています。以下、全文の引用です。

「App Storeは、アプリを探すための安全で信頼できる場所です。HKmap.liveは、法執行機関や香港の住民を危険にさらす形で使用されていることが判明しました。香港の関係者の多くから本アプリにつき連絡を受け、すぐに調査を開始しました」
「アプリは警察の場所を表示しています。そして我々は香港サイバーセキュリティ技術局とともに、アプリが警察を標的にした上で待ち伏せし、公共の安全を脅かすために使用されたことや、犯罪者が法執行機関がいない地域の住民を犠牲にするために悪用したことを確認しました。このアプリはガイドラインと現地の法律に違反しており、App Storeから削除しました」


こうしたアップルの主張は、最初にHKMap.liveをApp Storeから取り下げた理由とほぼ同じです。ちょうど香港向けiPhoneから台湾国旗の絵文字が削除されたと報じられたばかりですが、一度は配信を認めたアプリが中国当局が警告を発するや(直接の因果関係は示されていませんが)再び取り下げられる二転三転ぶりに、香港情勢に翻弄されるアップルの苦渋がうかがえそうです。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: 人民日報
関連キーワード: apple, AppStore, china, HongKong, ios, iphone, politics
155シェア
22
133
0

Sponsored Contents