Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

Apple Watch、医療現場でも活躍。医師が口述で電子カルテを自動入力

両手が空くウェアラブル機器は医師向きかも

Kiyoshi Tane
2019年10月15日, 午前06:35 in Apple
416シェア
147
269
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View

米カリフォルニア州にて、臨床医がApple Watchにより電子カルテに自動入力できるシステムが導入されたと報じられています。

このシステムはヘルスケア企業のAltaisが、カリフォルニアに拠点を置く医療プランプロバイダーBlue Shieldおよび医療機関向けAIサービスのNotable Healthと提携して開発したもの。患者を診察する医師がApple Watchを装着し、機械学習により一部の処理を自動化することで、カルテ作成にかかる時間の大幅な短縮を目的としています。

医師はEHR(電子カルテ)に直接入力せず、患者の診察中あるいは診察後にApple Watchに結果を口述。そこから自然言語処理AIが重要な箇所を抜き出し、最も関連性が高いデータがEHRに自動追加されるしくみです。

Altaisの社長兼CEOであるJeff Bailet博士いわく「我々の目標は、医師が患者の健康と幸福をより良くするために技術をシームレスに活用することです」「その一方で、管理業務の煩雑さを軽減し、医師達の満足感を高めています」とのことです。

このシステムは医師の支援やデータ入力の正確さだけでなく、患者の便宜を図ることも目的のひとつ。Blue Shieldのアプリにより、地域の医師がプログラムに参加している患者に予約を通知したり、健康保険を確認したり、健康状態の自己査定も行うこともできると伝えられています。

近年のApple Watchは転倒通知機能やECG(心電図)アプリが搭載され、ヘルスケアの役に立つばかりか、ユーザーの命を救った例も数多く報告されています。その一方でウェアラブル機器として「両手が自由になる」ということで、医療現場でも大きなポテンシャルを秘めているはず。

ティム・クックCEOはアップルの将来につき「人類に対する最大の貢献は健康」になるとの展望を述べていましたが、水面下では様々な健康・医療関連のプロジェクトが進行しているかもしれません。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: AppleInsider
関連キーワード: apple, Applewatch, health, medical, medical device
416シェア
147
269
0

Sponsored Contents