Sponsored Contents

surfaceの最新記事

Image credit:
Save

「Surface Pro X」が日本で2020年1月発売、Surface Earbudsも

Surface初のAlways Connected PC

石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2019年10月17日, 午後12:45 in surface
187シェア
19
168
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View

日本マイクロソフトは、クアルコム製CPU搭載のWindows 10タブレット「Surface Pro X」と完全ワイヤレスイヤホン「Surface Earbuds」を日本で発売すると発表しました。Surface Pro Xは2020年1月、Surface Earbudsは2020年初頭に発売されます。

価格などの詳細は今後案内されますが、「Surface Pro X」は個人向けにはWindows 10 Home搭載、法人向けにはWindows 10 Pro搭載と、これまで同様の発売形態となる見込み。日本語キーボードのSurface Pro X専用タイプカバーも用意されます。

■Surface Pro X

薄型2in1 PCのSurface Pro Xは、Surfaceシリーズで初となる「Always-Connected PC」です。クアルコムと共同開発のARMプロセッサー「SQ1」を搭載し、薄く軽いWindows 10マシンながら長時間の電池持ちを実現しています。

Surface
Surface

このモデル向けに専用の周辺機器として、Surface Slim ペンが用意されています。Slim ペンはその名の通り細身なタッチペンで、Pro X専用のSurface タイプカバーに収納して持ち運べるのが特徴。タイプカバーに収納するだけでワイヤレス充電されるため、ペンの充電を気にせず使えます。

ARM系CPU搭載のWindows 10 PCに共通する注意点ですが、IntelやAMDのプロセッサーを搭載するマシンに最適化されたアプリケーションはエミュレーションで動作させているため、特にゲームやグラフィックスソフトなどは利用できない場合があります。MicrosoftはOfficeシリーズをARMネイティブで動作するよう対応させているほか、Adobeのクリエイティブソフトウェア群も将来的にはARMネイティブ版を提供すると発表しています。

Gallery: Surface Pro X | 12 Photos

12


■Surface Earbuds

Surface Earbudsはマイクロソフトが開発した初の完全ワイヤレスイヤホン。円形の表面はタッチ操に対応しており、なぞったりタップしたりして音楽をコントロールできます。

Surface
Surface

さらには、PowerPointで発表中に、話した言葉をスライドで表示するといったMicrosoft Officeとの連携機能も盛り込まれています。日本での価格は未定ですが、米国での価格は249ドル(約2万7000円)となっています。
(更新中)


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

187シェア
19
168
0

Sponsored Contents