Sponsored Contents

galaxyの最新記事

Image credit:
Save

Galaxy Fold2(仮)、2020年4月に発売のうわさ。開いたサイズは6.7インチか8.1インチのいずれか?

サムスンも「使いやすさと大画面の満足感」の間で迷っているそうです

Kiyoshi Tane
2019年10月17日, 午後02:00 in galaxy
31シェア
5
26
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View

折りたたみ(フォルダブル)スマートフォンGalaxy Foldを9月に発売されたばかりの韓国サムスン電子ですが、後継機となるGalaxy Fold2(仮)が早くも2020年4月に発売予定との噂が報じられています。

韓国の業界情報誌The Bellの情報筋によると、サムスンが来年4月にGalaxy Fold2の発売を予定していると有力視しているとのことです。開発コード名は「Bloom」。ただしサムスンの匿名関係者は「まだ発売されていない製品について、時期を確定するのは難しい」と述べているそうです。

第1世代のGalaxy Foldが発売されてから、わずか7ヶ月後の後継機登場は早すぎる感もあります。が、もともと第1世代が当初予定していた発売日は4月末であり、そこを起点とすれば来年4月はおよそ1年後となります。
初代モデルは複数レビュアーからわずか1日で故障したとの報告を受けて発売延期、故障しやすい箇所を改修するなどで正式発売までに数ヶ月かかりましたが、それと並行して後継機の開発が進んでいたとしても不思議ではありません。

さらにThe Bellによると、Galaxy Fold2のディスプレイは6.7インチか8.1インチのいずれかが搭載されるとのことです。

これは「折りたたみ前が6.7インチ、開けば8.1インチ」ではなく、「開いたサイズが2通り検討されており、どちらか1つになる」という意味。初代モデルは広げた状態では7.3インチだったため、小さくなるか大きくなるかのいずれか、ということです。
この検討に関して、「サムスンは(小型化による)使いやすさと大画面が与える満足感の間で悩んでいるようだ」と伝えられています。

ちなみに韓国メディアThe Elecは以前、Galaxy Fold 2の画面サイズが8インチとなり、Galaxy Noteシリーズでおなじみのスタイラス・Sペンが使用できるとの噂を伝えていました。そしてサムスンが「Sペンを折りたたみデバイスでも使いやすくする(折り目でもペンを認識する)」特許を申請していることも明らかとなっています。

The Bellによれば、初代Galaxy Foldの開発コード名は「Winner」であり、折りたたみスマートフォンの分野で勝者になる意味を込めていたとのこと。そして市場調査会社カウンターポイントも折りたたみスマートフォンの出荷台数に関しては、今年40万台、2020年には320万台、そして2022年には2740万台と右肩上がりの成長を予測しており、実際に初代Galaxy Foldも予約販売を再開するたびに即完売しています。

改修後も故障しやすさを抱えながらも売上に勢いのあるGalaxy Foldの波に乗って、早期に後継機が投入されるとの予測には一定の説得力がありそうです。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

31シェア
5
26
0

Sponsored Contents