Sponsored Contents

airpodsの最新記事

Image credit:
Save

ノイズキャンセル搭載のAirPods Pro(仮)、約2万8000円で10月末発売のうわさ

あと2週間もありませんが

Kiyoshi Tane
2019年10月19日, 午後12:05 in Airpods
162シェア
12
150
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View

最近さかんに噂されていたノイズキャンセル対応の新型AirPodsが、10月末に「AirPods Pro」として発売されるとの噂が報じられています。

台湾メディア経済日報のサプライチェーン情報筋によると、新型AirPodsはインイヤー型を維持しつつ、外装とデザインは大幅に更新され、予想価格は8000台湾ドル(約2万8000円)以上とのこと。これはワイヤレス充電ケース付きの第2世代AirPodsよりも5000円ほど割高となります。

現行の第2世代AirPodsも並行して販売され続け、「AirPods Pro」はハイエンドモデルの位置づけ。すでに量産は開始されており、10月末に発売される可能性があると伝えられています。

ノイズキャンセル対応の新型AirPodsに関しては、iOS 13.2ベータから複数の手がかりが発見済み。米アップル関連情報サイト9to5Macは、アクセシビリティ設定に関連するシステム内にアイコンがあったことから、補聴器的な機能もあると推測していました。また、ノイズキャンセル関連オプションの変更方法を説明するiOS内アニメーションも公開されています

さらにiOS 13.2ベータ内アイコンでは、新たな角度付きステムや通気口を備えた大幅な再設計が窺われます。このことから9to5Macは充電ケースの変更も予想しており、すでにアクセサリーメーカーが第3世代AirPods用の(これまでとは異なる形状の)ケースを販売していることも指摘しています。

例によってサプライチェーン情報は大まかな製品の仕様については一定の信ぴょう性があるものの、具体的な製品名や価格については大きく外すことがままあります。10月末と言えば記事執筆時点から2週間を切っていますが、厳密に守られると捉えない方がいいかもしれません。

第2世代AirPodsは第1世代と同じデザインでワイヤレス充電ケース付きというささやかな変更だったこともあり、発表も簡単なプレスリリースのみで済まされていました。しかし新型AirPodsが上記のように大幅な仕様変更があるとすれば、アップルがスペシャルイベントを開催した上で紹介する複数の製品の1つには値するはず。

とはいえ、マスコミがアップルからそうした招待を受けたという話は聞こえてきません。噂の16インチMacBook Proとともに、第3世代AirPodsをお披露目するイベントが年内に開かれるのか、続報を待ちたいところです。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Via: 9to5Mac
Source: 経済日報
162シェア
12
150
0

Sponsored Contents