Sponsored Contents

Medicineの最新記事

Image credit:
Save

マイクロソフト、インド企業と協力で子宮頸がん診断AIを開発。診断の短縮と早期発見で生存率向上めざす

世界の子宮頸がん死亡者の1/4がインド

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2019年11月11日, 午後03:00 in Medicine
64シェア
11
53,"likes":38
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View


マイクロソフトがインドの病理学および放射線診断サービス企業SRL Diagnositicsを提携し、子宮頸がんの診断にかかる時間をAIで短縮する試みを行っています。インドでは毎年約6万7000人もの女性が子宮頸がんで亡くなっていて、それは全世界の子宮頸がん死亡者数の25%以上を占めています。

マイクロソフトとSRL Diagnosticsは、すでに診断済みの数千もの子宮頸部の細胞塗抹標本画像を用いて鍛えたAIを用意して、がんの発見だけでなく、前がん病変とされる子宮頸部異形成をも検出できるようにしました。これにより、医師は大量にやってくる標本画像の1枚1枚から目を皿のようにして病変を探し出すのではなく、AIがあらかじめ病変と判定した画像の正否を確認するだけで済むようになります。

現在このAIは内部プレビュー、いわばベータ版の段階でまだ診断に使用されてはいないものの、他の分野で実験されているAI診断ツールに比べてもかなり実用に近いレベルの性能を持つとのことです。

冒頭に述べたとおり、インドでは毎年数多くの女性が子宮頸がんで命を落としていますが、同時にそれを診断する医師の不足も問題となっています。TechCrunchによると、SRL Diagnositicsは毎年10万以上のサンプルを診断するものの、それらのおよそ98%が正常と判断されるとのこと。そして、残りの2%を発見するために医師は大量の画像をくまなく見なければなりません。

AIがこの最初のスクリーニング作業を分担できるようになれば、医師が診断しなければならない画像は大幅に少なくなり、診断結果までの待ち時間も短縮される、救われる命も増えるはずです。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

64シェア
11
53,"likes":38
0

Sponsored Contents