Sponsored Contents

googleの最新記事

Image credit:
Save

Googleマップに翻訳機能が追加。地名や住所を現地の言葉で発音可能に

海外でタクシー乗る際に便利そう

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年11月14日, 午後12:20 in google
88シェア
6
82,"likes":88
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View

国内旅行はもとより、海外旅行でも利用されることが多いGoogleマップですが、今後は海外で使う際、さらに便利になりそうです。

これまで海外旅行中に道をたずねたり、タクシーで行先を言う場合、うまく発音できずに画面を見せて対応した人もいるかもしれません。そんな場面でも安心して使えるように、Googleマップに翻訳機能が追加されます。

この翻訳機能では、場所や住所を現地の言葉に翻訳したうえで、読み上げにも対応します。また、お礼を言ったり、ちょっとした会話を続けられるようにGoogle翻訳へのリンクも追加され、Googleマップから起動可能となります。


Google Map

翻訳は50言語以上に対応。また言語に関しては、基本的にはスマートフォンで利用している言語と、翻訳が必要な言語を自動で検出するとのこと。たとえば、日本で利用しているスマートフォンで米国の場所を見ている場合、英語に翻訳してくれるわけです。

この機能は、11月中にAndroidとiOS向けに展開される予定。年末の旅行には間に合いそうです。

Googleのリアルタイム翻訳系の機能としては、Googleレンズでのリアルタイム翻訳や、Pixel Buds 2の翻訳機能もあり、言語の壁はますます低くなっていきそうです。




広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

88シェア
6
82,"likes":88
0

Sponsored Contents