Sponsored Contents

displayの最新記事

Image credit:
Save

圧巻の美。シャープの巻き取れる有機ELディスプレイ、LG製との違いは?

従来の有機ELテレビとは「別物」

小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2019年11月15日, 午前07:30 in display
1809シェア
16
1793,"likes":4023
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View

先日、シャープの30インチ4K有機ELディスプレイが話題を集めました。テレビ大ながらカレンダーのようにクルクルと巻いて半径2cmの筒状に収納できるのが特徴です。

同様のディスプレイは韓国LGがすでに製品化していますが、シャープ製の優位点はどこにあるのか、実物が展示されているInterBEE会場(千葉・幕張)で開発担当者に取材しました。

engadget

engadget

engadget

engadget
▲30インチの大画面を巻取り半径2cmとコンパクトに収納できる

シャープの担当者は同パネルについて『商用化を前提にしたものではない』『まだ歩留まりを判断できるレベルでもない』と述べ、あくまで技術のショーケースだと強調します。市場投入は『世の中のニーズを見てみて、需要があると判断すればありえる』と述べます。

また、韓国LG製の同等製品と比較した優位点として『30インチと大型なのに、RGBをしっかり塗り分けている』点を挙げます。

というのも、巻取り型に限らず、ソニー製テレビなどにも採用されているLG製の有機ELパネルは、白色の有機ELにRGBのカラーフィルターを重ねて色を表現しています。

一方、シャープが今回開発したパネルは、RGBがそれぞれ自発光する、技術難度の高いRGB方式を採用。このRGB方式はカラーフィルター方式に比べて色再現性が高いのが特徴で、シャープ開発担当者も『色が濃いでしょ、それがRGB方式の特徴の1つ』『RGBで塗り分けしないと(光の)効率が取れない。(LG製のように)光がカラーフィルターに吸収されるなんてもったいない』と優位性を強調します。

実物を見てみると、厳密に比較をしたわけではないですが、圧巻とも言える鮮やかさでした。

engadget
▲厳密な比較をしたわけではないが鮮やかさに目を奪われた

engadget
▲ペラペラのフィルム基板上にRGB方式の有機ELを蒸着

engadget
▲巻取りの際にはややたわみがある

このRGB方式は、スマートフォン向けの有機ELパネルでは一般的ですが、大型化が難しく、テレビなど大型ディスプレイへの導入は進んでいません。大型パネルに向く「印刷式」の技術を持つJOLEDですら20インチ台がやっとという状況。そんななかで、シャープは30インチの大画面を実現した点で技術的な意義があります。

なお、シャープは昨年、大阪と三重の工場で有機ELディスプレイを自社生産するなど、最近は有機ELに注力しているように見えます。

今後液晶から有機ELに軸足を移すかというと、そうでもないとのこと。『世の中的には有機ELが増えているのでやらなければパイが減ってしまうが、我々の強みはバックプレーン(TFT基盤)の工場。いわば、パンの生地を作っている。液晶も有機ELもその上に乗るトッピングの違いでしかない』と語り、ディスプレイ市場全体が有機ELへシフトしても、シャープとして競争力を保てるという認識を示しました。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: display, oled, sharp
1809シェア
16
1793,"likes":4023
0

Sponsored Contents