Sponsored Contents

googleの最新記事

Image credit:
Save

Google社員、Stadiaキットを近所のユーザーに手渡しと約束。配送の遅れを受けて

エネミーゼロ?

Kiyoshi Tane
2019年11月14日, 午後06:15 in google
30シェア
4
26,"likes":20
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View

米GoogleのゲームストリーミングサービスStadiaは19日に公式リリース予定です。しかしながら、プレイに必要なFounder's Edition(スターターキット)は6月6日の予約初日に注文した人でもほとんどが21〜22日、最速でも20〜21日に配送となる(Googleストアで確認可能)ことが明らかとなっています。

こうした配送の遅れを受けて、Stadiaチームの1人が自宅の近所に住んでいるユーザーに自ら手渡しで届けると表明しています。

Stadia

9to5Googleによると、スターターキットは予約順に発送されるとともに、プレイに必要な招待コードはキットが発送された当日にメールで送信されるとのこと。このコードを入力すれば、キットが手元に届いていなくても、対応したPixelスマートフォン等ですぐにゲームを始めることができます。ただし専用コントローラーがないため、操作はかなりの制約が付くと予想されます。

そこでGoogle Stadiaチームの一員であるAndrey Doronichev氏は、大手掲示板Redditユーザー向けに「クレイジーなアイディア」を提案しています。すなわち、Doronichev氏が個人的に手渡しで送り届けるということです。
もちろんスターターキットの予約注文番号は必須であり、無料のプレゼントではありません。

同氏いわく、もしもベイエリア(Google本社のあるサンフランシスコ・ベイエリア)にいて19日午前9時に家に訪問されても大丈夫であれば、その番号をRedditのDoronichev氏アカウントにDMします。同氏はその中でどれだけ自宅に近いかに基づいて1人を選び、仕事に行く途中で立ち寄って届けるとのこと。初めてのゲームを一緒にプレイすることもできると呼びかけています。

この一件は、配送の遅れを申し訳なく思ったGoogle社員が個人的にサービスしているにすぎませんが、最近のGoogleは英国のPixel 4注文者に「シリアル風外箱」の限定モデルを送ったりと、サプライズ演出に目覚めた感もあります。

なお日本は、Stadiaの初期サービスが提供される14カ国に含まれておらず、今のところリリース予定日も、そもそもリリースされるかどうかも不明。ですが、もしも晴れて日本でStadiaがサービス開始される日が来れば、2トントラックに開発スタッフがキットの限定版を山積みして乗り込み、直接購入者の自宅に出向いて手渡しするような遊び心も期待したいところです。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: 9to5Google
30シェア
4
26,"likes":20
0

Sponsored Contents