Sponsored Contents

personal computingの最新記事

Image credit:
Save

デュアルディスプレイのモンスターマシン「ZenBook Pro Duo」をデスクトップPCとして導入してみた:旅人目線のデジタルレポ 中山智

6年前のハイエンドプロセッサも、モンスターマシン「ZenBook Pro Duo」の前では7分の1の性能……

中山智 (Satoru Nakayama), @yenma
2019年11月15日, 午後12:00 in personal computing
32シェア
6
26,"likes":7
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View
旅人ITライター中山です。最近YouTubeへの動画アップに本腰を入れ始めました。いわゆるYouTuberです(チャンネル登録よろしくお願いします)。そこで気がついたのが、「動画作成時間問題」。自宅の自作デスクトップPCだと、作成した動画の再生時間以上に書き出し時間がかかってしまうのです。

使っているのはAdobeの「Premiere Pro」。編集作業自体はそんなに重たさを感じないのですが、最後の書き出しだけはダメ。ちなみに自作デスクトップPCのプロセッサはインテルの「Core i7-4770」です。 2013年発売の製品で発売された年に自作したので、もう6年も使っていることになります。

ZenBook Pro Duo
▲右にあるのが6年使った自作のデスクトップPC

とはいえ、ウェブブラウジングやテキストエディタでの文章書き、Officeファイルの編集、さらにはAdobe系のソフトを使うぶんには特に不満が無かったんですよね。ただメインストレージがいっぱいになってきたこともあって、そろそろ買い換えかなとは思っていました。

実は次に買い換えるときは、自作デスクトップPCではなくハイエンドのノートPCにしようと計画していたのです。というのもここ数年、自分のパソコン運用は、

  1. 自宅用の自作デスクトップPC
  2. 日常のモバイル用ノートPC
  3. 長期出張用ハイエンドノートPC

の3台です。普段は1と2の組み合わせで運用して、海外展示会などに行く場合は、2と3の組み合わせ。取材中などは2だけ持ち歩いて、3のハイエンドノートPCはホテルなどに置きっぱなしという具合です。データの同期はOneDriveを使うので問題ないのですが、ただこれだと、Adobeのアカウントが同時ログイン最大2台までなので、随時切り替えて使う必要があるので不便。さらに言えば、1と3の両方を維持するコストがもったいない。そこで1と3を同じPCにして、日本で普段生活しているときは自宅に据え置き、海外へ長期渡航の場合は、その3を持って出かければ1台ですむんじゃないかという狙いです。

ZenBook Pro Duo
▲3つめの役割を担っていた「VAIO Z Canvas」(右)。最近稼働率が落ちてたのですでに売却してしまいました



ただこの運用方法が実際に効果的なのか? ハイエンドノートPCとはいえ、デスクトップPCと肩を並べるほどのマシンパワーはあるのか? もろもろわからないポイントもあります。そこでASUSから、現在最強ハイエンドノートPCのひとつとして君臨する「ZenBook Pro Duo」を長期でお借りして、テストすることにしました。

ZenBook Pro Duo
▲マルチディスプレイを真っ先に取り入れたモンスターPC「ZenBook Pro Duo」

すでに詳しいレビューは下記で紹介していますので、ファーストインプレッション的な内容はそちらを参照してください。


とりあえず真っ先にチェックしたのは、動画の書き出し時間です。Adobe Premiere Proで編集した再生時間7分23秒の動画で書き出し時間を計測したところ、「Core i7-4770」を使っている自作PCでは24分26秒かかったのに対し、「Core i9-9980HK」を搭載した「ZenBook Pro Duo」ではなんと3分38秒。再生時間以下の書き出し時間です。自作デスクトップと比較すると半分どころか7分の1ほどの時間になってます。

ZenBook Pro Duo
▲Premiere Proの動画書き出し時間で計測してみた

ちなみにメモリが容量32GBでストレージがSSDなのは、どちらのマシンも同じです。自作PCは6年使い込んで、ストレージ容量の空きが30GBほどしかなく、これまでインストールしてきたもう使っていないソフトも大量にあり、レジストリもいわゆる汚れた状態です。それでも「Core i7-4770」は発売当初はデスクトップ版Haswellとしては最上位に位置していたプロセッサ。それがi9とはいえ、HシリーズのノートPCに大差で負けるとは......6年の歳月に無情さを感じます。

ZenBook Pro Duo
▲「Core i9-9980HK」おそるべし......

これほどの性能を備えた「ZenBook Pro Duo」なら動画編集が捗りそうです。さらに、せっかくなので自作PCで使っていた2枚のディスプレイもZenBook Pro Duoにつなげてしまいましょう。ZenBook Pro Duoには左側面にHDMI端子、右側面にはUSB Type-C端子があり、2枚のディスプレイを追加可能です。残念ながら手持ちのディスプレイにはUSB Type-C入力がないので、USB Type-C端子をHDMIに変換するアダプターを使いましたが問題なし。

ZenBook Pro Duo
▲左側面からはHDMIを直で出力

ZenBook Pro Duo
▲右側面はType-CからHDMIに変換して出力

ZenBook Pro Duo
▲自作PCで使っていたディスプレイも活用してクアッドモニターに

ZenBook Pro Duoはもともと2枚のディスプレイを搭載したモデルなので、これで4枚の「クアッドモニター」になりました! これでガンガンと動画を編集していきます! もちろんEngadgetの原稿書きますよ!!



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

32シェア
6
26,"likes":7
0

Sponsored Contents