Sponsored Contents

LINEの最新記事

Image credit:
Save

【LINE・ヤフー統合会見】きっかけは米中IT巨人への危機感。ヤフーのラブコールから統合実現

具体的な戦略は統合後

石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2019年11月18日, 午後07:13 in LINE
161シェア
51
110,"likes":80
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View

LINEとYahoo! Japan親会社のZホールディングス(ZHD)は18日、経営統合に向けた記者発表会を開催。LINEの出澤剛CEOとZ HDの川邊健太郎CEOが、お互いの相手の企業のコーポレートカラーのネクタイを身につけ登壇し、合併に向けた抱負を語りました。

LINEヤフー

両者はインターネットやアプリに関連するさまざまなサービスを手掛けており、合併により日本最大級のインターネット企業が誕生する見込みです。

■テックジャイアントへの危機感

LINEヤフー

出澤氏は経営統合に至った背景を「思うところがあった」と紹介。その1つが米Googleや中国Tencentのような、テックジャイアントと呼ばれる巨大企業の台頭です。

人材の流動が激しいIT業界では、優秀な人材は大きな企業に集まる傾向にあります。そして、優秀な人材を獲得した巨大企業は、サービスの質の競争やユーザーの獲得においても有利に進められることになります。「勝者総取り」の市場と言えます。

出澤氏は、「2社が一緒になったとしても、桁違いの差がついている。米国や中国の巨大企業に時価総額、営業利益、研究開発費、従業員数いずれでも及ばない」と現状を語っています。

川邊氏は、「日本にフォーカスしたAIテックカンパニーを目指す」と表明。まずは日本市場向けに総合的なサービスを提供する環境を整えて、海外企業との差別化。さらに少子高齢化などの日本の社会課題に取り組むことで、日本の企業ならではの強みを出していくとしています。


LINEヤフー
LINEヤフー

また、いわゆる「AI」に関連した技術を強化することで、ユーザーの生活を便利にするようなアプリを開発する構想も語られています。これはこれまでLINEやPayPayが目指していた「スーパーアプリ」という構想に沿ったものですが、両者の技術開発を統合することで、より開発スピードを速める狙いです。

その上で、両社のユーザー層やサービスについては「相互補完的だと考えている」(川邊氏)としており、LINEのメッセージアプリやYahoo!のオンライン通販など、それぞれが強みとするサービスを互いに連携させる方針を示しました。

両社はまずは日本に注力し、その後LINEが根付いている台湾、タイ、インドネシアといった地域に拡大していく方針を紹介。出澤氏は「アジア発の第三極を作る」と抱負を述べています。

LINEヤフー
LINEヤフーLINEヤフー

■数年前からラブコール、孫氏は関与せず

実はLINEとヤフーの経営陣には交流があり、年に1回「新年会」として会食の場を設けていたといいます。Z HDの川邊氏は「実はLINEというサービスが大好きで、何か一緒にできないかとたびたび提案していた」と明かしました。

出澤氏は川邊氏の提案を笑って交わしていたといいますが、前述の"危機感"もあり、今年の春に開催された「新年会」では前向きな反応を返したとしています。

両社は上場企業ですが、ソフトバンクとNAVERの子会社でもあります。合併に関しては4社が協議をして進めたとしています。

LINEヤフー

合併ではソフトバンクのさらに親会社にあたるソフトバンクグループ代表の孫正義氏が主導したのではないかという報道もありましたが、川邊氏は「実際のところ、孫さんが関わったのはプレゼンテーションした1回のみ」と説明。その際、孫氏からは賛同の意とともに「ユーザーのためになることをしない限り、統合は誰からも支持されない」というアドバイスがあったとしています。

■今日は統合への第一歩、具体的な戦略はこれから

11月18日時点では、両社は経営統合に向けて合意したにすぎません、今後、最終的な契約書を12月に交わし、実際の統合が完了するのは2020年12月になります。PayPayとLINE Payの統合やニュース配信サービスの寡占化といった、統合に向けた課題については「統合後に進めていく」とのみ説明されました。

LINEとZ HDはそれぞれ親会社が存在する上場企業ですが、合併後はLINEが非上場化し、Z HDの傘下にYahoo! JapanとLINEの事業子会社を抱える形になります。新生Z HDでは出澤氏と川邊氏が共同CEOに就任します。

両社の親会社にあたるソフトバンクと韓国NAVERは、統合後のZ HDの大株主となるジョイントベンチャーに50%ずつ出資。日本のソフトバンクの連携子会社となります。新星Z HDは両社から取締役を3人ずつ派遣するなど、対等合併を意識した体制となっています。

LINEヤフー

出澤氏は、統合後の新会社では今の両社にはない新たなサービスを開発していく意思を示しました。出澤氏は「かつて経験したライブドアとLINE(旧NHN Japan)の統合でも、両社の融和の大きなトリガーとなったのはLINEの誕生だった。新会社から大きなサービスが生まれることが一番の旗印になる」と期待を語っています。

川邊氏は、「1年後の統合までは別の企業。その間にもお互い切磋琢磨してサービスを改良していくことが重要だと思う。今日(18日)に社員に対して決起集会をしてきたが、『思いっきりLINEと戦え』と話をしてきた」として「"花嫁武者修行"とという感じになるのかなと思っている」と述べました。


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: bussiness, Fintech, Internet, LINE, mobile, NAVER, SoftBank, Yahoo
161シェア
51
110,"likes":80
0

Sponsored Contents