Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

ハリー・ポッター:魔法同盟にギフト機能、ルーン石や調合素材も #HPWU

30個持てます

Ittousai, @Ittousai_ej
2019年11月21日, 午後01:46 in Harry
16シェア
4
12,"likes":3
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View


ポケモンGOのナイアンティックとワーナーが運営するリアルワールドゲーム『ハリー・ポッター:魔法同盟』にギフト機能が加わりました。

呪文エネルギーや魔法薬の調合材料、ルーン石など、ゲームに必要なリソースをフレンドどうしで贈れるようになります。

魔法同盟版「ギフト機能」の基本は、おおむねポケモンGOのギフトと同じ。

アイテムを補給する際にギフトが手に入る、自分では開けられず送信専用、一度送ったら相手が開封するまで次は贈れない、入手した場所の情報が相手にも伝わるなどは共通です。

魔法同盟ならではの点は、アイテムやリソースの数が多いゲームシステムを反映して、ギフトにも多くの種類があり、色や名前で中身がある程度分かること、相手に何を送るか選べること。

手に入る場所とギフトの色の対応は:

・青いギフトボックス(呪文エネルギー)
宿屋から入手。ソフトバンクや郵便局などスポンサー宿屋では「豪華な呪文エネルギーのギフト」

・緑のギフトボックス(調合素材)
温室から入手。通常の「材料のギフト」のほか、特定の魔法薬のキー素材が含まれたギフトもある。珍しい素材をピンポイントで贈れるのは重要。

・黄色のギフトボックス(ルーン石)
砦でチャレンジに勝利すると確定で入手。スポンサー砦では豪華。

そのほかの仕様は:

・一日に開けるギフトの数は10個まで
・一日に入手できるギフトの数は100個まで
・保持できるギフトの数は30個まで。削除も可能
・相手にギフトを贈れる条件は、「24時間に一回まで」「相手が前回のギフトを未開封だと送れない」
・もらったギフトに開封期限なし。インベントリ内でも特に腐らない(所持最大数には響く)
・開封すると魔法使いXPも貰える

といったところ。


保持の上限が30個なのは、旅先などで一回に「仕入れ」できる数が増える意味でも、すぐには贈らず保持しておきたい記念品的なギフトの枠にできる意味でもうれしい仕様です。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

16シェア
4
12,"likes":3
0

Sponsored Contents