Sponsored Contents

vrの最新記事

Image credit:
Save

高精細VRゴーグル、VALVE INDEX日本版が発表。フルキットは12万5800円から

視野の広さと高解像度、高フレームレートが魅力

橋本 新義(Shingi Hashimoto)
2019年11月22日, 午前10:00 in vr
192シェア
13
179,"likes":123
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View
PCゲーム配信プラットフォーム「Steam」で知られるValveが手がける高精細VRゴーグル『VALVE INDEX』(バルブ・インデックス)の、日本での発売が発表されました。日本での取り扱いはDEGICA(デジカ)が行ないます。

同モデルは、PCとの接続が必要なタイプ。製品構成は付属品によって5種類あり(構成は後述)、価格はフルキット(後述)が12万5800円(税別)から、ヘッドセットとコントローラが9万4800円(同)から。発売は11月28日10時から、事前予約は11月22日から開始します。
なお、ベースステーション単体モデル以外には、購入特典としてValveのFPS人気シリーズの流れを汲むVR専用FPS『Half-Life: Alyx』のダウンロードキーが提供されます。

INDEXの特徴は、Valveが展開するVR仕様『SteamVR』の"公式ハードウェア"と呼べる製品となっている点、そしてコンシューマー用のVRゴーグルとしては最高解像度とフレームレートが高く、残像が少ない点。

具体的には、解像度は1440x1600×両目、フレームレートは標準120Hz、試験的には144Hzにも対応します。そして残像は0.330msから0.530ms(フレームレートによる制限)と、こちらも優れた値となっています。

VALVE INDEX日本版

VALVE INDEX日本版

またコントローラーも、左右5指のトラッキングに対応する高精度タイプ。各種センサーは片手ごとに87個が搭載されており、VRゲーム内で「物体を掴む」「握手する」「ハンドルを廻す」といった操作が行えます。

VALVE INDEX日本版

もう一つの特徴が、搭載されたヘッドホン(と言うよりはスピーカー)。「オフイヤー」タイプと名付けられた、耳とまったく接しないタイプのため、長時間使っていても圧迫感がなく、しかも従来の(オーディオ用として出ていた)同種モデルが苦手としている、低音の表現などもかなり高いレベルという、ちょっと驚く仕様です。

VALVE INDEX日本版

また、装着感やメンテナンス性に関しては、他社のVRゴーグルのトレンドなどを網羅したかのような仕様。例えば、IPD (瞳孔間距離) やアイリリーフ(レンズから眼球までの距離)の調整が容易に行える設計となっており、また頭や顔に接触する部分の素材は抗菌処理が施されています。

VALVE INDEX日本版

さらに目の回りに接触するクッションパッドと本体はマグネットで固定されているため、簡単に取り外して清掃が可能。位置決めも簡単......といった具合です。

なお、ヘッドセット本体やコントローラーのトラッキング(位置検出)に関しては、精度を重視したことから、あえて外付けベースステーションを併用するタイプ(つまり、昨今主流になりつつある「インサイドアウト」タイプではありません)。

トラッキング範囲は2台の構成で最大7×7mを、増設して4台構成とすると最大10×10mまでをサポートします。

VALVE INDEX日本版

さて、今回販売される製品は、下記の5構成。最初に導入する際の基本となるVRキットは、本体+左右のコントローラー+トラッキング用ベースステーション2個の構成です。

他の単体構成は基本的には拡張や補修用ですが、ハードウェアの仕様的にはSteamVRとの互換性があるため、たとえば「現在導入しているSteamVRシステム(HTC VIVEシリーズなど)から、まずはヘッドセットのみをアップグレードしたい」といった運用も可能です。

  • VRキット......12万5800円
  • ヘッドセット+コントローラ(左右)......9万4800円
  • ヘッドセットのみ......6万2800円
  • コントローラのみ(左右セット)......3万5800円
  • ベースステーションのみ......1万9800円

VALVE INDEX日本版

また、PCとの接続端子は、映像がDisplayPort(1.2以上)、コントロールがUSB Type-A(3.0)。このほかに専用ACアダプタとの接続が必要となります。ベースステーションはUSB接続不要ですが、ACアダプタとの接続は必要です。

VALVE INDEX日本版

PC側の最低要件は下記の通り。
  • OS......Windows 10、SteamOS、Linux
  • RAM......8GB以上
  • GPU......NVIDIA GeForce GTX 970以上、またはAMD Radeon RX480以上
  • CPU......物理2コア以上

また推奨要件は
  • CPU......物理4コア以上
  • GPU......NVIDIA GeForce GTX 1070以上
  • USB......3.0以上(ヘッドセット装着のカメラを使用したパススルー利用時に必要)

となっています。ただし実際には、VALVE INDEXのWebページにて提供している動作確認用ツール『Are You Ready for Valve Index?』と、Steam経由で提供している『SteamVR Performance Test』での性能測定が推奨されます。

筆者は発売に先んじた体験会で実際に試してきましたが、先んじて販売されている米国のユーザーから伝え聞いていた、視野角の広さ(端っこを見てもしっかり画面で覆われている)や装着感の良さ、またコントローラーの精度の高さが印象的。

またスピーカーは、見かけからは想像できないほどの音が体験できるものとなっており、とくに見た目からは出なさそうな低音がしっかりとしていたのが印象的。これは単体モデルとして欲しいほどと感じました。

VALVE INDEXは、数あるVRゴーグルの中でも「高フレームレート(滑らかな動き)と高解像度」を主眼とした、コンシューマー向けとしては"ガッツリとヘビーユーザーをターゲットにした"タイプの、昨今では貴重なタイプのモデル。

それゆえヘビーユーザーにとっては非常に刺さるモデルとなっており、実際に体験してもウワサに違わぬ完成度と感じました。「やっぱりVRは滑らかに、視野の端までが見られる没入感があってこそ」と考える同士には、ぜひ一度体験してほしいモデルです。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

192シェア
13
179,"likes":123
0

Sponsored Contents