Sponsored Contents

googleの最新記事

Image credit:
Save

Google Nest責任者に聞く「アンビエント・コンピューティング」への取り組み(西田宗千佳)

日本でも来年はもっと「Nest」が登場する

西田宗千佳
2019年11月22日, 午後03:00 in Google
33シェア
10
23,"likes":5
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View
Googleは、スマートホーム製品である「Google Nest Mini」と「Nest Hub Max」を日本で11月22日に発売した。スマートスピーカーを軸にした「スマートホーム」だが、海外に比べ日本はまだ普及初期の段階である。

Googleはなぜスマートホーム製品に注力するのか? その理由は「アンビエント・コンピューティング」にある。そこで今回は、GoogleバイスプレジデントでNest事業を統括するジェネラルマネージャーでもあるRishi Chandra(リシ・チャンドラ)氏に、Googleの狙いを聞いた。

nest
▲Rishi Chandra(リシ・チャンドラ)氏

アンビエント・コンピューティングのために組織を改編。機器によらず「環境がコンピュータ」に

Googleは昨年、スマートホーム製品に関するブランド名を「Nest」に統一している。元々Nestは2010年に創業した独立系のスマートホーム機器メーカーだったが、2014年にGoogleが買収し傘下に収めた。そして、2018年にGoogleのハードウェア部門の一部となり、スマートホーム関連機器のブランド名となったわけである。

日本の場合、2017年に発売されたスマートスピーカー「Google Home」が製品として先にあり、それが昨年からリブランドされて「Google Nest Hub」となっている。それまでNestブランド製品が出ていなかったこともあり、「今はGoogle Nestですよ」と言われても、ちょっとピンと来ないかもしれない。

そうした戦略をとったのにももちろん理由がある。

チャンドラ氏:一年前にブランド名をリセットしたわけですが、それは簡単に言えば「もっと大きなことの準備をするため」。これからコンピューティングの世界に起きる変化のことを考えれば、統合してリセットすることが必要と考えたのです。

いきなりにしてなかなか大きな話になるが、その「もっと大きなこと」こそが「アンビエント・コンピューティング」なのだ。

nest

チャンドラ氏:アンビエント・コンピューティングとは、PC・スマートフォンに続く新しい形です。ハードウェアに統合されたコンピューティングから、分散型のコンピューティングへの移行といってもいいでしょう。Googleはそれを実現するための技術をすべて持っています。

従来の、そして現在のコンピューティングは、時間の経過とともに機器が進化しました。要は(手に持ったスマホを指して)これの性能が上がっていくこと。CPUが速くなってGPUが速くなって、ディスプレイが大きくなる。1つのデバイスに搭載されるコンピュータとセンサーの進化が重要でした。

しかしアンビエント・コンピューティングでは変わります。家に取り付けた多数のカメラやセンサー、家電製品が連動し、相互に働きます。家の壁にスマホを貼り付けてもそれはアンビエント・コンピューティングではなくて、家中にある様々な場所にセンサーが分散するのがアンビエント・コンピューティングの重要な点です。

もうひとつ重要なのは、「ひとりが使うひとつのデバイス」ではなく、家族みんなが使うものであること。手元にある一つのデバイスに一人がアクセスするのではなく、4人が同時にデバイスにアクセスするようになります。


ひとりひとりが持っている機器が重要なのでなく、機器を持っていてもいなくてもその場でコンピュータの力が使えるのが「アンビエント・コンピューティング」である。「音楽かけて」と言えば音楽が聞こえてくるのも、部屋から部屋へ移った時に同じYouTubeのコンテンツをすぐに見られるのも、要は「コンピュータの能力が環境に溶ける」から。コンピュータが環境に溶けてしまうなら、ひとりひとりが持つ機器の性能向上よりも「家中にセンサーとなる機器が分散すること」や、「使っている人を機器の側が見分ける」能力が重要、ということになる。

Nestを介したGoogleアシスタントの利用では、声によってちゃんと家族のコマンドを聞きわけて、それぞれに適した反応ができるようになっているが、それはこうした理想実現のためだ。

チャンドラ氏:そうなると、重要なのはいかに「行動からコンテキストを知るか」ということが重要です。あなたの行動がどういういう意味をもっているのか、家族にとってどういう意味を持つかを理解し、あなたたちの行動を助けてくれなければいけません。当然そのためには、非常に強力なAIの助けが必要です。その時には、もちろん、プライバシーモデルを進化させる必要もあるでしょう。

「スマートホーム」という言い方をしますが、「人々がスマートホームを求めている」と考えるのは、あまりにテクノロジー指向的です。人々が求めているのはあくまで「生活の中での課題の解決」。安全で快適な生活をしたい、というニーズは、アメリカであろうがインドであろうが日本であろうが変わりません。そのためになにをすべきかを考える必要があります。


nest

声だけでなく、様々な人の動きをセンサーが捉えることでアンビエント・コンピューティングは実現する。ドアを開けた、部屋を移動した、といった情報も、「どこでどのようなことをしようとしているか」を判断するには必要な要素になる。その結果として、コンピュータが人の行動を読んで助けてくれる、というのが、チャンドラ氏の言う「コンテキストが重要」ということの意味だ。

当然、そこではプライバシーが重要になる。現状でも、スマートスピーカーではプライバシーの問題が注目される。許諾に則り、ユーザーの判断によってデータの提供を行っているとはいうものの、その判断は難しい。各社がなにを行っているかも、ちゃんと認識されていない部分がある。「プライバシーについての認知を高めることはとても重要」とチャンドラ氏も言う。

「Nest」ブランド製品は来年多数日本でも登場、賢くするために「積極的に使って欲しい」

一方で、こうは感じないだろうか。

「日本ではスマートスピーカーがあるだけ。それではセンサーとして足りないのでは」

その通りだ。チャンドラ氏はGoogleの、Nestの強みを次のように語る。

チャンドラ氏:Nestには、セキュリティカメラからスマートロックまで、非常に幅広いラインナップがあります。広い製品ポートフォリオを持っていることがなによりも重要です。日本ではすでに「Nest Mini」などを購入できるようになっていますが、来年はより多くのラインナップが日本でも購入できるようになりますよ。

すなわち、そういう製品群が出てきてからが、日本でもアンビエント・コンピューティング「的な使い方」=スマートホーム的な概念が広がる本番、ということになりそうだ。

nest

とはいうものの、日本と海外ではずいぶん機器の使い方も違う。そこはどうなのだろうか?

チャンドラ氏:確かに、日本はまだ初期の市場です。アメリカやインドにおいてスマートスピーカーは、ストリーミング・ミュージックが広く使われています。しかし、日本はそうではない。アラームやタイマーの設定などに使われることが多いです。ストリーミング・ミュージックの利用は進み始めたところでしょう。

アメリカの場合WiFiで接続されたホームネットワーク機器が増えていて、多機能かつ素早い動作が実現されています。しかし日本の場合には、まだまだ赤外線リモコンを使った連携機器が多いですね。すでにある家電のコントロールに関するニーズが多いからでしょう。

日本の場合「写真」についてのニーズがきわめて大きいのも特徴です。Nest Hubに写真を表示し、そこからフォトブックを作るサービスも人気ですね。

セキュリティカメラについては、確かにアメリカの方がニーズは高いのは事実。しかし、日本にニーズがないわけではなく「違うニーズがある」のです。アメリカではセキュリティ用途ですが、日本では「モニタリング」になります。ペットや子供、両親などの様子を確認したい、というニーズはあります。当然、そのために最適化する必要があるでしょう。

どの国にも言えることですが、ニーズはあるのです。ただし、国や文化によって使われ方は異なっています。そこをきちんと分析し、対応を進めていくことが大切です。


一方で気になるのが、「日本語と英語での精度の問題」。英語での実装に比べ、日本語での実装は多少後ろを走っているためか、認識精度や賢さの点で劣るようにも思える。

チャンドラ氏:日本語は利用者の多い重要な言葉なので、改善は積極的に続けています。それに加え、みなさんにお願いしたいのは「積極的に使ってもらいたい」ということ。使えば使うほど使用例が蓄積されるので、学習され、賢くなります。ぜひもっともっと、ご利用ください。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

33シェア
10
23,"likes":5
0

Sponsored Contents