Sponsored Contents

avの最新記事

Image credit:
Save

小型軽量になった次世代トランシーバー「BONX mini」がクラファン実施中。距離に関係なくグループ通話が可能

イベントスタッフなんかにも良さそう

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年11月29日, 午後06:25 in av
99シェア
38
61,"likes":72
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View

日本発のスタートアップBONXがGREEN FUNDINGにて、距離を気にせずグループ通話を行える次世代トランシーバー「BONX mini」のプロジェクトを実施中です。価格は1つ6980円、2つセットが1万2980円からとなっています。

BONXは2014年に創業したスタートアップ。スノーボーダーの宮坂貴大氏が、「スノーボードで滑りながら、仲間と会話をしたい」という思いからスタートしており、2015年には前モデルとなるBONX GripのクラウドファンディングをGREEN FUNDINGで実施。2017年には一般販売も開始し、初年度だけで1万台以上の出荷を達成するヒット商品となりました。
GREEN FUNDINGでこのプロジェクトを支援する

WHAT'S BONX


BONX Grip
▲初代BONX Grip

スマートフォンとセットで利用する製品で、トランシーバーと違いスマートフォンの通信圏内であれば、相手がどこにいようと通信が可能です。また、独自の発話検知システムが大きな特徴となっています。これは、いちいちボタンを押して通話するプッシュトーク(PTT)とは違い、装着者の発声を認識して通話が始まる仕組みです。

実際に試してみましたが、話している間だけマイクが有効になり、また人間の声だけを強調するので、テレビ会議などでありがちな、参加者のマイクが入りっぱなしになっており、周囲のガヤガヤする音が聞こえてうるさいといったこともありません。

なお、利用中のスマートフォンに着信があると、一旦BONXの通話は終了し、電話を優先します。ただし、電話が終われば、自動的に再接続され、BONXでの通話に復帰可能です。ちなみに、ボタンを押している間だけマイクをONにするプッシュトークも利用できます。

BONX mini

手をふさがずに利用でき、またトランシーバーと違い距離に関係なく使える利便性から、スポーツでの利用に限らず、企業での採用も増えているとのこと。たとえば、ANAが機内でのCAの連絡のために利用や、著名ブランドが店舗スタッフのため導入。また、工事現場や病院でも活用されています。

ただし、もともとがスノーボードなど、主にウィンタースポーツでの利用を想定していたものだけに、外れにくくする必要があり、長時間装着していると耳が痛くなるとの指摘も。このため、企業やユーザーからは、軽くて痛くなりにくい製品の要望が多く寄せれていたといいます。

これを受けて開発されたのが、新しい「BONX mini」です。従来品よりもすっきりとコンパクトなりに、一般的なインナーイヤー型イヤホンに近い印象です。

BONX mini
▲BONX mini(左)とBONX Grip(右)

小型軽量化により、長時間付けても耳が痛くなりにくいだけではなく、耳にひっかける突起があるなど、外れにくい工夫も施されています。

BONX mini

ただ、小さくなった分、犠牲になっている部分もあります。もっとも大きなものが駆動時間で、BONX Gripは単体で7時間の利用が可能でしたが、BONX miniでは3.5時間と半分に。ただし、充電ケースを併用することで最大18時間の利用が可能です。

BONX mini

また、生活防水やハード的な風切り音対策も廃止されました。とはいえ、風切り音に関してはマラソン程度であれば問題はないとのことです。

BONX mini
▲充電ケースに入れると、約1時間でフル充電

生活防水も屋内での利用であれば、それほど必要はないでしょう。従来通り、アウトドアでハードに使うのであればBONX Gripを、オフィスやシティユースなどカジュアルな使い方であればBONX miniをという使い分けになりそうです。もちろん、BONX GripとBONX mini間での通話も可能です。

BONX mini
▲イヤホン部分が回転するので、左右どちらにでも装着できます

GREEN FUNDINGでの「BONX mini」のプロジェクトは2020年1月31日23時59分までとなっています。1人だけで購入しても仕方がないので、友人や恋人同士で1つずつ購入したり、サークルや企業でまとめて購入するのが良さそうです。

GREEN FUNDINGでこのプロジェクトを支援する


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

99シェア
38
61,"likes":72
0

Sponsored Contents