Sponsored Contents

xiaomiの最新記事

Image credit:
Save

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

背面に5つのカメラを装備

神田 靖子, @ysk_knd
2019年12月4日, 午前06:30 in xiaomi
190シェア
22
168,"likes":170
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View
日本のスマートフォン市場への参入も近いシャオミ(Xiaomi)からグローバル向けに発売された世界初となる108MPイメージセンサー搭載のスマートフォン「Mi Note 10」。背面だけで5つものカメラを搭載するこの端末を早速入手したので、その特徴であるカメラ機能を中心に使用感をお伝えしたいと思います。



Mi Note 10は、本体サイズが74.2×157.8×9.67mm、重さが208g。ディスプレイは6.47インチの3D curved AMOLEDでエッジ部分がカーブしており、雫型のノッチを備えています。SoCにはGPUが強化されているSnapdragon730Gを採用し、6GBのRAMと128GBのストレージ、バッテリーは5260mAhと大容量で30Wの高速充電に対応。本体カラーバリエーションは3色、Aurora Green、Glacier White、Midnight Blackです。

Mi Note 10

OSはAndroidベースのMIUI11で、グローバル版にはGoogle関連のアプリがはじめからインストールされており、Google Payにも対応しています。

Mi Note 10

まずは付属品をご紹介しておきます。本体のほかにはACアダプタ、USB Type-Cのケーブル、SIM取出し用のピン、ソフトケース、ユーザガイドと保証書が同梱されています。本体背面はレンズ部が少し出っ張っているため、同梱されているケースを装着すると安心感が増します。なお、液晶保護フィルムは貼られていませんでした。

Mi Note 10

筆者が入手したモデルはM1910F4Gというグローバル版。2枚のnanoサイズSIMスロットを備えますが、microSDには対応していません。技適を取得していない端末なので今回、無線通信は試していませんが、公式サイトで公開されているMi Note 10のスペックをみるとB18やB19といった日本のLTEにも対応しているようです。これは日本での展開にも期待!
※(12月8日追記)入手時点では技適の表示はありませんでしたが、その後のシステムアップデートで技適の表示が追加されました。

Mi Note 10

フロントカメラ部のノッチは、設定で隠すことができます。動画を見たりゲームをしたりする際にノッチが気になったら、設定を変えてみると良いでしょう。

画面ロックの解除は、画面内指紋認証と顔認証、そしてBluetoothデバイスから行えます。さっそく、指紋と顔データを登録し、ロック画面の解除に使用してみました。

Mi Note 10

画面内指紋認証はガイドの上に指を乗せるだけ。反応速度は良い感じです。指紋認証時には4種類から選択できるアニメーションが表示されます。細かいところですが凝っていますね。顔認証はフロントカメラのすぐ下に顔マークが表示され、認証されると"レ"に変わります。顔認証も、フロントカメラを見ればすぐに解除され、反応速度も悪くなさそうです。

Mi Note 10

Mi Note 10は、最近のスマートフォンではあまり見なくなった赤外線を搭載しています。シャオミだけでなく他社も含めたテレビやスマートボックス、エアコン、扇風機などの家電製品、カメラなどを操作する赤外線リモコンになるというわけです。

「Miリモコン」というアプリがインストールされており、このアプリを介して機器を追加したり、実際に機器を制御したりすることができます。自宅のテレビを追加してみようとしたのですが、残念ながらネットワーク環境がないとメーカ名の選択画面に進めないようでした。エアコンで試したところメーカ名は表示されたのですが、該当するものはなし。次に中国へ渡航・宿泊する際、機会があればぜひ試してみたいと思っています。

さて、Mi Note 10の最大の特徴となるのがカメラ機能です。背面に5つ、フロントに1つのカメラを搭載。また、背面には明るさの異なるLED「ライト」と「ソフトライト」の2種類が搭載されています。

静止画の解像度は最大で12032×9024ピクセル、動画の解像度は最大3840×2160ピクセルです。

Mi Note 10

背面の各カメラの詳細は以下の通り。

・108MPメインカメラ
Samsung HMX、1/1.33インチセンサー、f/1.69、4軸 光学式手振れ補正(OIS)
・12MPポートレートカメラ
2倍光学ズーム、f/2.0、デュアルピクセル オートフォーカス、50mm相当(35mm判換算)
・5MP望遠カメラ
10倍ハイブリッドズーム、50倍デジタルズーム、f/2.0、4軸 OIS
・20MP超広角カメラ
117度、f/2.2
・2MPマクロカメラ
撮影距離1.5cm、オートフォーカス2~10cm
・32MPセルフィカメラ
f/2.0、4-in-1スーパーピクセル

背面のカメラは、マクロ、超広角(0.6倍)、1倍、2倍、5倍をワンタッチで切り替えることができ、10倍のハイブリッドズームと50倍のデジタルズームに対応しています。晴天で十分な明るさのある環境で、手持ちでの撮影を試したところ、5倍は十分、10倍も可、20倍、30倍になると画質の低下が気になるようになり、50倍は手振れ補正があってもちょっと辛いかなという印象を受けました。何かで固定したり、三脚を使ったりすると良いかもしれません。

被写体にもよると思いますが、5つのカメラは切り替えた際の色味の違いが気になることがありました。それに加え、5つのカメラが一列に並んでいるので、撮影時は端末の持ち方に注意したほうがよさそうです。指が映り込んでしまい撮りなおすことが何度かありました。

Mi Note 10
▲上段、左から超広角、広角、2倍。中段、左から5倍、10倍、20倍。下段、左から30倍、50倍

背面カメラの撮影モードは、スローモーション、ショートビデオ、ビデオ、写真、108MP、ポートレート、夜景、パノラマ、プロの9種類から選択できます。またAIによるシーンの自動認識にも対応しています。

Mi Note 10
▲108Pモードで撮影した画像の容量は20MBを超えることも。画像クリックで原寸サイズで開きます

108MPモードでの撮影時は、シャッターボタンを押してから保存が完了するまでに数秒かかるので注意が必要です。12032×9024ピクセルの画像を処理して保存するのですから仕方ないでしょう。デバイスを示す透かしは自動で108MP用に切り替わります。
※(12月8日追記)その後のシステムアップデートで108MPモードでの撮影後もすぐに次の撮影ができるようになりました。

Mi Note 10
▲108MPモードで撮影した画像には専用プレビューが用意される

108MPで撮影した画像を見る際は、画像をピンチインしていくと全体のどのあたりを見ているかがわかる専用のプレビュー画面に切り替わります。

Mi Note 10

1.5cmまで寄れるマクロモードは食べ物や花などに寄って撮りたいときに便利です。広角カメラなどでピントが合わない場合はマクロモードに切り替えてみると良いでしょう。

Mi Note 10

ポートレートモードでは、奥行き効果を絞り値f1.0~f16の間で設定できます。撮影後はこの設定値を「ぼかしレベル」として変えられるほか、任意の位置をタップすることでフォーカスの位置を変更することもできます。

Mi Note 10

プロモード選択時に設定できる項目は、ISO(100~3200)、WB(2000K~8000K)、S(シャッタースピード、1/1000~32秒)、F(焦点距離、0~100)、そして使用するレンズを超広角、広角、望遠(2×、5×)、マクロの5つから選択できます。108MPモードへは上部にある「108」で切り替えます。5つのレンズはそれぞれ特徴があるので被写体や撮りたいイメージで選べるのは良いですね。

ビューティーモードについては、肌の質感の仕上げなどはなめらかにしているだけのようですが、主設定項目が充実しているだけでなく、フロントカメラ使用時と背面のカメラ使用時で設定項目が異なり、フィルターの種類も異なるなど、端末事業を受け継いだMeituの遺伝子を存分に感じることができます。ビューティーモードの設定については以下の通り。

・フロントカメラ使用時
Mi Note 10

美顔:美肌、小顔、パッチリ瞳、鼻、あご、唇、Hairline
メイク:眉マスカラ、アイライン、リップグロス、目の輝き、チーク
フィルター:ローズピンク、セピア、B&W、映画など

・背面のカメラ使用時
Mi Note 10

美顔:美肌、体、足、頭、スレンダー、肩
フィルター:ビビッド、フィルム、B&Wなど

筆者は動画をほとんど撮らないのですが、ビデオモードにVlog撮影モードや美化があったり、ショートビデオはTikTok Magic Stickerに対応していたりバックグラウンドの音楽を選択できたりと最近の流行りを取り入れている一方、手振れ補正やアンチバンディング、4Kでの録画に対応しているなど、単純に画質の良い動画を撮りたいユーザのニーズにも対応していることに感心しました。

Mi Note 10のカメラで撮影した作例をいくつかご紹介します。

Mi Note 10
▲108MPモードでの作例。画像クリックで原寸サイズで開きます

Mi Note 10
▲108MPモードでの作例。画像クリックで原寸サイズで開きます

Gallery: Mi Note 10作例 | 12 Photos

12


Mi Note 10

そのほかの特徴として、Mi Note 10は3.5mmのイヤホンジャックを搭載し、ハイレゾ音源の再生に対応している点が挙げられます。イヤホンの設定にオーディオ設定という項目があり、ここでHi-FiのON/OFFやヘッドフォンの選択、イコライザーの設定ができます。様々なヘッドフォンを扱うXiaomi、自社製品が多数リストアップされています。

なお、ヘッドフォンの種類を選択するには、Miサウンドエンハンサーを有効にしないといけないようです。また、イコライザーもMiサウンドエンハンサーを有効化しないと設定できませんでした。筆者はスマートフォンで聴く音楽の音質にはさほどうるさくない素人ですが、Hi-Fiオーディオを有効にした際や、Miサウンドエンハンサーを有効にした際は、イヤホンから聞こえてくる音質が明らかに変化しました。

Mi Note 10

海外製のスマートフォンではよく見かけるFMラジオにも対応しており、イヤホンを接続することでFMラジオを聞くことができます。FMラジオのアプリを起動し、イヤホンを接続してみましたが、周波数範囲は87.0~108.0、残念ながら、日本のチャネルには適していませんでした。

これだけのスペックを備えつつも価格を600ドル程度に抑えてくるあたりはさすがシャオミです。端末の質感も以前に比べて格段に良くなっており、日本市場でも十分に受け入れられる端末という印象を受けました。

シャオミのスマートフォンが日本へ参入する際には、このMi Note 10も投入されることに全力で期待しています。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: camera, cameras, minote10, mobile, smartphone, xiaomi
190シェア
22
168,"likes":170
0

Sponsored Contents