Sponsored Contents

EarPhonesの最新記事

Image credit:
Save

耳を塞がない完全無線イヤホン「Sound Air SPT-7000」発売、1万5400円

装着性と安全性の両方を重視

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2019年12月13日, 午後08:30 in EarPhones
39シェア
6
33,"likes":52
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View
SB C&Sは、オーディオブランド「GLIDiC」のスポーツ向け完全ワイヤレスイヤホン「Sound Air SPT-7000」を2020年1月17日に発売します。SoftBank SELECTION オンラインショップでの販売価格は1万5400円(税込)。カラーはインディゴブルーとグレイッシュブラックの2色が用意されます。

(更新:2020/1/17) 発売は1月31日に延期されました。

Sound Air SPT-7000は、「走るひとのための、ワイヤレスイヤホン」をコンセプトに、屋外での使用を想定して開発された耳を塞がない形状の完全ワイヤレスイヤホンです。

IPX5相当の防滴・耐汗仕様で、雨や汗を気にすることなく使用できるほか、人間工学に基づいた形状のスタビライザー「FREEBIT」により、しっかり耳にフィットするとされています。さらに、完全には耳を塞がない形状のため、周囲の音を聴くことが可能。耳を塞がない完全ワイヤレスイヤホンは既に他社製品が先行していますが、本製品は比較的安価な点が売りでもあります。

このほかの特徴として挙げられるのは、左右のイヤホンそれぞれが直接スマホに接続するクアルコムの最新技術「TWS Plus(True Wireless Stereo Plus)」を採用する点。これにより音の途切れにくさが向上しているとのこと。

イヤホン部は10分の充電で1.5時間の再生が可能な急速充電に対応し、1回の満充電で約8時間の連続使用が可能。さらに、充電ケースを併用すれば最大約26時間の再生が行えます。ダイナミック型でφ10mmのドライバーユニットを備え、再生周波数帯域は20Hz〜20kHz。対応コーデックはSBC、AAC、aptX。イヤホン単体のサイズは約18×27×27mm。充電用ケースは約98×40×39mm、イヤホンの重さは片側約6.9g(FREEBITを除く)となっています。


広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales@verizonmedia.com までお知らせください。各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

39シェア
6
33,"likes":52
0

Sponsored Contents