Techcrunch Japan Logo

Sponsored Contents

googleの最新記事

Image credit:
Save

Google Nestで新型コロナ患者の体調をリモート管理。NYの病院が導入

手袋やマスクの使用回数も大幅削減

TechCrunch Japan Staff
2020年5月12日, 午後12:30 in google
0シェア
0
0,"likes":0
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View

現在進行中の世界的な新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックは、リモートケアに関する多くの活動を活発にした。中でもGoogle(グーグル)のNestデバイスを利用した、米国ニューヨークにあるMount Sinai(マウント・サイナイ)病院の新しいプロジェクトは、オンプレミスのケアでさえもリモートテクノロジーにより安全にできることを示している。同病院の臨床医は、双方向のコミュニケーションに加えて、ビデオベースの患者の症状やバイタルサインの追跡を実施するために病室でNestのカメラを使い始めている。

Nestのカメラを使用することで、看護師や医師などの医療従事者は新型コロナウイルスへの感染の確率を抑えながら、一元的な監視とケアを提供し、人と人との交流を最小限の接触のみに限定できる。新型コロナウイルスに感染した人と接触する回数が増えるほど、免疫系がそれに対応できなくなり自分自身が感染する可能性が高くなることで、最前線で働く医療従事者に大きなウイルス感染のリスクが生じるため、これは重要なことだ。

さらに、個人用保護具(PPE)の温存という別の重要な観点からも病院を助けることになる。リモート監視により、スタッフはマスクや手袋を使用する回数を大幅に減らすことができ、以前の方法と比べて在庫がすぐになくならないようにできる。

グーグルはNestのカメラを、マウント・サイナイ病院にある100以上の病室に設置し、さらには最大1万台のデバイスとカスタム設計のモニタリングコンソールを全米の病院に提供する計画だ。

生命を守るためには直接的なケアが必要だが、リモート医療技術がパンデミックの最悪な影響を緩和する役割を担っていることは明らかだ。これはおそらく危機が続く中で、この種の技術が負荷にさらされる医療インフラを支えるために展開されるケースの、ほんの始まりにすぎないだろう。

新型コロナウイルス 関連アップデート

原文へ

(翻訳:塚本直樹 Twitter


広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales@verizonmedia.com までお知らせください。各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

0シェア
0
0,"likes":0
0

Sponsored Contents