将来のAirPods、健康モニタリング機能を追加?光センサー内蔵で血中酸素濃度も測れる可能性

アップルに健康を見守られる未来

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2020年05月26日, 午後 02:30 in airpods
0シェア
FacebookTwitter
AirPods
Budrul Chukrut/Echoes Wire/Barcroft Media via Getty Images

新型AirPodsに健康モニタリング機能が搭載されるとの噂は長らく囁かれてきましたが、近い将来に光センサーを内蔵して実現するとの新たな予測が伝えられています。

台湾業界情報誌DigiTimesの有料記事によると、アップルは今後1~2年のうちに次世代AirPodsに環境光センサー(ALS)を組み込むと予想されるとのこと。それに必要な部品の一部は台湾ASEテクノロジーが担当するかもしれないと報じられています。

さらにDigiTimesの別記事では、その環境光センサーが生体測定機能の一部であると示唆されています。いわくASEはSESUB(IC内蔵基板)ベースのSIP(システム・イン・パッケージ/複数のチップを1つのパッケージに収める)技術を次世代AirPodsに用いる準備が整っており、それは「心拍数、歩数、健康状態を監視し、インテリジェントな変換を実行し、頭部の動きを検出することさえできる」機能に深く関わるとのことです。

DigiTimesは台湾のサプライチェーン情報に詳しく、「どのサプライヤーがアップルにどういった部品を発注され、今後の計画を知らされた」といった情報はかなりの信ぴょう性を誇っています。これまで同メディアは次世代AirPodsに健康モニタリング機能が搭載されるという噂を何度も伝えてきましたが、今回は環境光センサーという具体的な部品に言及しており、いっそう実現に近づいたことを予感させます。

では、環境光センサーでどのような健康機能を実現するのか。米MacRumorsは、同じく光センサーを用いるパルスオキシメーターではないかと示唆しています。パルスオキシメーターとは血中酸素飽濃度(SpO2)測定装置であり、すでにFitBitなどのスマートウォッチにも採用されています

たとえば指クリップ式のそれは赤色光と赤外線を照射して、指を透過する光の量を測定してSpO2を測定します。その原理は、赤血球中のヘモグロビンが酸素を取込むと鮮やかな赤になり、そうでないものは暗く見える。前者は赤色光を吸収せずにそのまま透過するのに対して、後者は取込んでしまう。そして赤外線はどちらであれ透過するため、2つの吸光度(光が取込まれた度合い)を比べることでSpO2が測定できるというものです。

そして病院で使われる耳クリップ式パルスオキシメーターも原理は同じで、こちらは耳たぶに光を透過させます。いずれにせよ「身体のうち、光が透過するほど薄い部分を発光部分とセンサーで挟み込む」構造は共通していますが、それを現状のAirPodsやAirPods Proと同じデザインで実現できるのか。それとも、大幅に変更するのかは記事執筆時点では不明です。

アップルは複数の生体センサーをイヤホンに埋め込む特許を取得済みであり、特許文書の中には耳珠(外耳道の入り口にある出っ張り)を挟むようなデザインも含まれていました。

かたやApple Watchも将来的にはSpO2測定が可能となり、それによりパニック発作が起こる前に警告できる機能も追加されるとの予測もあります。ティム・クックCEOは「人類に対する最大の貢献は健康」と述べていましたが、新型コロナ禍により健康への関心がかつてない高まりを見せるなか、病気の予防を助ける新たなAirPodsやApple Watchが登場するのかもしれません。

Source:DigiTimes(1)/(2)

Via:MacRumors

 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: airpods, health, Pulse oximetry, spo2, news, gear
0シェア
FacebookTwitter