首かけスピーカー「AQUOSサウンドパートナー」が生活防水に対応、7月18日発売

市場想定価格は税別1万6000円前後

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2020年05月21日, 午後 01:00 in soundbar
0シェア
FacebookTwitter
SHARP soundpartner

シャープは、首にかけて使用することで、テレビやスマートフォンの音声が耳元で聴こえるウェアラブルネックスピーカー「AQUOSサウンドパートナー AN-SS2」を7月18日に発売します。

価格はオープン価格ですが、市場想定価格は税別1万6000円前後。家電量販店やAmazonなどのECサイトが取り扱います。

本製品は、テレビやスマートフォンなどとBluetoothで接続し、首にかけて使用することにより、ワイヤレスでテレビの音声やスマートフォンの音楽などを聴けるというもの。

現行機(先代モデル)となる「AN-SS1」との違いは、IPX4相当(あらゆる方向からのしぶきに対する保護)の防水に対応したこと。キッチンなどで濡れた手で操作したり、水しぶきがかかっても使用できます。

対応コーデックについても、AN-SS1ではSBCとFastStreamのみでしたが、AN-SS2ではSBC/MPEG-2 AACに加え、クアルコムのaptXとaptX Low Latency(aptX LL)をサポート。テレビの映像と音声のズレ低減に寄与します。

肝心のサウンドについても、音が効率よく耳に向かうように設計されたリフレクター構造のスピーカーと、人の声を聴きやすくするクリアボイス機能により、音声がAN-SS1よりも聴こえやすくなったとアピールします。

SHARP soundpartner

▲AN-SS2のクリアボイスボタンとリフレクター構造のイメージ

同梱するBluetooth送信機は、Bluetooth非対応のテレビやPCなどと接続する際に使用します。テレビやPCなどのイヤホン端子にBluetooth送信機を取り付けることでAN-SS2と通信できます。

重量はSS1と同じ約88gですが、バッテリー駆動時間は延長。音楽再生時間では、SS1の約14時間から約16時間に伸びています。Bluetoothはバージョン5.0までをサポートします。

サイズは184x185x18mm(幅x奥行x厚さ)、カラーはブラック、ホワイト、ローズゴールド、レッドの4色を展開します。

SHARP soundpartner

▲AN-SS2のカラーはブラック、ホワイト、ローズゴールド、レッド

関連記事:

ネックスピーカー市場にシャープが参戦。約1万5000円で88gのお手頃モデル (2018年10月)

Source:シャープ

 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: soundbar, gadgets, aquos, audio, sharp, wireless, gadgetry, headphones, bluetooth, speakers, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents