Chromeがリソース消費の激しい広告をブロックへ。8月に実装予定

Chrome自身を軽くして欲しいところ

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2020年05月15日, 午後 12:30 in google
0シェア
FacebookTwitter
Chrome

Googleは5月14日(現地時間)、広告ネットワークのごく一部に、デバイスのリソースを激しく消費する広告があるとして、広告が利用できるリソースに制限を設け、閾値を超えたものについてはブロックする方針を発表しました。今後数ヶ月間テストを実施し、8月に安定版に追加予定としています。

プログラムが不十分であったり、ネットワークの使用に最適化されていなかったり、あるいは裏で暗号通貨をマイニングしていたりすることもあるリソース消費が激しい広告は、ネットワークのデータ通信量を増すだけでなく、デバイスのバッテリー寿命にも悪影響を与えるとのこと。

このため、広告が利用できるリソースに閾値を設け、これを超える広告はアンロードされ、広告枠にはエラーが表示されるようになります。

なお閾値は、4MBのデータ使用、任意の30秒間でCPU使用時間が15秒、またはCPUの合計使用時間が60秒に設定されています。現在、これを超える広告は0.3%ほどですが、これらの広告により、広告が使用するネットワークデータの27%、CPU使用量の28%を占めているとのことです。

Chromeでは、Better Ads Standardsを基準として、ユーザー体験を損ねたり、迷惑と感じるような広告のブロックを積極的に行っています。今回のリソース消費が激しい広告のブロックについても、ユーザー体験を守るためという意味では一貫した対応です。

ただ、広告をブロックしてブラウジングを軽くするより、Chrome自体の軽量化を期待したいところではあります。

source: Google

 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: google, chrome, chromium, ads, resource-heavy, network data, CPU, data, batteries, resources, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents