新Fire HD 8をアマゾンが発表。税込9980円〜 USB-C採用

デザインも刷新

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2020年05月13日, 午後 10:00 in amazon
0シェア
FacebookTwitter

アマゾンジャパンは、8インチタブレット「Fire HD 8」の最新モデルを6月3日に発売します。価格は9980円(税込、以下同)です。予約受付は本日(5月13日)開始されています。

このほか、ワイヤレス充電対応の上位モデル「Fire HD 8 Plus」も発表しています。

性能とデザイン刷新の「Fire HD 8」

新発表の「Fire HD 8」では、本体デザインを刷新。縦のベゼルを12mm縮小した一方、横のベゼルを9mm拡大し、従来モデルより正方形に近い外観となっています。厚さは先代と同じ9.7mm、重量は8g軽い355gとなっています。

パフォーマンスも向上しています。前世代機に比べて性能が30%向上。これは、2GHz駆動のクアッドコアCPUを搭載したほか、RAMを2GBに増量したことによる、総合的な性能向上としています。

ストレージも強化しています。前世代機はベースモデルが16GBでしたが、本機では32GBに倍増。このほか、64GBモデルも用意し、マンガや雑誌などの容量が大きいコンテンツも多く保存できます。最大1TBまでのmicroSDカードも利用できます。

充電端子もUSB-C(USB 2.0)に刷新。Amazonのタブレットは長らくmicro USBに固執していましたが、10インチのFire HD 10に続き、Fire HD 8もようやくUSB-C採用となりました。

Wi-Fi性能も改善。新たに802.11 acに対応したほか、アンテナを数を増やし、より安定した通信が可能となっています。

細かな変更点では、インカメラの位置が短辺から長辺に移動。これにより、横向きに置いた状態でもビデオ通話を自然に利用できるようになりました。ゲーム中に一切の通知をオフにできる「ゲームモード」も新たに搭載しています。

本体カラーはブルー・ブラック・ホワイトの3色展開。別売りとなる純正保護カバーはトワイライトブルー、チャコールブラック・サンドストーンホワイト、プラムの4色を揃えます。

価格は32GBモデルが9980円、64GBモデルが1万1980円です。

このほか、ワイヤレス充電対応の上位モデル「Fire HD 8 Plus」も用意します。

キッズモデルも用意

なお、無印の「Fire HD 8」は、子ども用の保護カバーや、2年間の破損保証、数千ものキッズ向けコンテンツを1年間使い放題で楽しめる「Amazon FreeTime Unlimited」がセットになったキッズモデルも用意します。価格は1万4980円。

保護カバーは新たにスタンドを備え、テーブルや床に立てかけて利用可能。また、カバーを外してアカウントを切り替えれば、通常のFire HD 8としても利用できます。

 
 

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: amazon, tablet, firehd8, news, gear
0シェア
FacebookTwitter