Pandigitalからタッチ操作・WiFi・Bluetooth内蔵デジタルフォトフレーム

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2008年04月7日, 午後 06:22 in digital photo frame
0シェア


デジタルフォトフレームメーカーPandigitalから、タッチスクリーン操作を採用した新製品「PanTouch」シリーズが発表されています。基本仕様は7 から 10.4インチの液晶画面に128~512MBの内蔵ストレージ、転送には9 in 1マルチカードリーダとUSBポート、加えて無線LANとBluetoothまで内蔵するなどそこそこ豪華。従来機種とおなじく音楽や動画の再生も可能です。

KodakのEasyShareデジタルフォトフレームがわざわざ「タッチボーダー」を採用しているように
、タッチスクリーンの採用で気になるのは指紋で画面が汚れることですが、Pandigitalの主張によれば写真表示エリアに指紋がつかない(目立たない) 処理を施してあるとのこと。しかしフォトフレームとしての表示品質への影響を含め具体的にはよくわかりません。価格は7インチ 482 x 234モデルが$120、8インチ800 x 600モデルが$170、10.4インチ1024 x 768でも$250。米国では5月ごろ出荷予定。

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: digital photo frame, DigitalPhotoFrame, pandigital
0シェア