PSP-3000、国内は10月16日発売・1万9800円

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2008年09月2日, 午後 07:33 in psp
0シェア


PSP-3000の発売日・価格が発表されました。国内での発売は10月16日、価格は1万9800円。カラーバリエーションは当初ピアノブラック・パールホワイト・ミスティックシルバーの3色で展開します。

PSP-3000と現行PSP-2000の違いをおさらいすれば、まずハードウェア的には画面下PSPロゴの左にマイクが内蔵されました。また従来はD端子ケーブルまたはコンポーネントケーブルをプログレッシブ対応テレビに接続した際しかゲーム画面は出力できなかったのに対して、インターレース出力が可能になっています。そのほか外見上の変化はHome / Start / Selectボタンの形状変更、HomeボタンのラベルがPSロゴに、背面の銀のリングが細くなったことなど。

しかし最大の変化は液晶ディスプレイの品質がさらに向上したこと。具体的にはPSP-2000比で色域約2倍、コントラスト比約5倍、応答速度約2倍となり、また反射を抑える表面処理により屋外でも見やすくなりました。初代PSPは動きの速い映像を表示させるとお話にならないレベルの残像があり、PSP-2000でも例えば液晶ディスプレイを前提にしていない時代のアクションゲーム・シューティングゲームなどはやはり辛いものがありましたが、応答速度が2倍 (書き換わるまでの時間が半分)となるPSP-3000ではさらなる改善が期待されます。

一方、ディスプレイの輝度(明るさ)そのものは従来機から変化なし。また本体のサイズ・重量も変わりません。バッテリー駆動時間についてはSCEAのJohn Koller氏が「(画面が明るくなっただけ) 20分、あるいは30分短くなる」と語っていたものの、公式には「ゲームで4時間から最大6時間・UMD Videoで4時間から最大5時間」と変わっていません。

SKUは単体のほか、4GB MS PRO DUOなどが付属するバリューパック(2万4800円・各色)が10月16日に同時発売、年末にかけては『機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダム』や『パタポン2』といったタイトルとの同梱パックが発売予定。


下はポーチやストラップ、4GB MS Pro DUOが付属したバリューパック。

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: psp, psp-3000, sce, sony
0シェア