インスタント起動OS Splashtop、レノボS10eに採用

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2008年10月29日, 午前 11:46 in lenovo
0シェア
FacebookTwitter


インスタント起動OSことSplashtopがネットブック / 低価格ミニノートにも進出します。Splashtopは起動から数秒でFirefoxやSkype、メールやフォトブラウザといった特定アプリが使えるLinux ベースのアプリケーション環境。開発するDeviceVMの発表によれば、レノボの10インチモデル lenovo S10eは"lenovo Quick Start"のブランドでSplashtop環境を搭載します。

SplashtopはExpress Gateの名でAsusのハイエンドマザーボードやNシリーズノートに、あるいはVoodoo IOSとしてフルフラットカーボンノートEnvy 133などに採用されてきましたが、ネットブックとしてはS10eが初採用。Eee PCの上位機種から採用とならなかったのは不思議ですが、完全に電源断から数秒でブラウザやメーラが使えるインスタントOSは他社のノート製品でも標準装備にしてほしい技術です。ノーマルS10とS10eの違いや展開する市場・価格などはまだ不明。
 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: lenovo, lenovo s10, LenovoS10, splashtop
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents