OCZからPCI-E接続の1TB SSD「Z Drive」、リード最高600MB/秒

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2009年03月6日, 午後 02:39 in cebit 2009
0シェア


SSDは容量に問題が......という懸念が急速に過去のものとなりつつあります。OCZ Technology社がCeBITで公開した「Z Drive」は、PCI Express接続の1TB SSD。中には同社の256GB MLC SSDが4つ、256MBのECC DDR2 RAMが1つ入っています。速度は読み込みが最高で600MB/秒、書き込みは最高500MB/秒、通常利用でも400MB/秒くらいと猛烈。ブートディスクとして利用することも可能で、夢が広がります。米国では6週間以内に発売予定で、価格は$1500から$2000くらい。さらに同社は単体1TBのSSDを4つ利用した4TBモデルについても、年内に投入することを検討中です。SSDは価格に問題が......という懸念もこの勢いで過去のものとなってくれると良いのですが。


 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: cebit 2009, Cebit2009, ocz, ssd, z drive, ZDrive
0シェア