動画:手を触れずに操作するテルミン風3Dセンサテーブル

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2009年05月2日, 午後 03:20 in 3d controller
0シェア

マルチタッチが製品レベルで日常となったいま、インタフェース萌えの未来はノンタッチ(非接触)に託されています。写真のいかにもタネや仕掛けの隠されていそうな黒い物体は、米ノースイースタン大学の学生が作った三次元センシング・テーブル。テーブルの上に手をかざして動かすだけで、ディスプレイ上の物体を回転させたり、テルミン風に音楽を演奏したりできます。手の位置は静電気で検出するため、タグの装着や専用コントローラは不要。そのかわり黒い布の下には銅板が何枚も敷かれています。

大掛かりな仕組みをなんとかディスプレイと統合できれば進化版Surfaceとしての活躍も期待できますが、ユーザーインタフェースに興味を持つ層以外の誰が喜ぶのかを考えておく必要はあります。動画は続きに掲載。スクラッチ風の手つきでスクラッチ音が流れる「エアDJ」を披露する一幕がありますので、次世代DJは要確認です。


TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: 3d controller, 3dController, interface, northeastern university, NortheasternUniversity
0シェア